Pocket

 

毎日鏡をみながら、くせ毛と格闘している人はいませんか?

パックリわれたつむじや生え際をどうしたら隠せるのか悪戦苦闘している人はいませんか?

顔が赤くボツボツだらけの顔を化粧でごまかしている人はいませんか?

誰にも相談できずにお一人で悩まれている方はいませんか?

 

「どうしたら綺麗になれるの?どうしたらなおるの?」

 

髪や肌トラブルでお悩みがあり「何をしてもよくならないな」

という人は、原因がわからないからではないでしょうか?

原因のないところに症状は出ません。

 

原因がわからないのに、これを使ってみよう、あれを使ってみよう

とスキンケアジプシーをしていませんか?

商品を探す前に原因究明が先ではないでしょうか?

あの手この手と原因がわかっていなにのにいじくりまわすと、逆によくなるものもよくはならないです。

 

例えば髪が薄くなってきたのに髪染めは止めない人は大勢いらっしゃいますよね。

髪染めをやめたら髪は増えるかもしれないじゃないですか?

 

アトピーもそうです。

ステロイドは体に良くないとわかっていても、薬を付けなければ日常生活が営めないという方もいらっしゃると思います。

心配なのは、薬がいつまで効いてくれるか?薬は耐性するのでいつか効力は失うはずです。

 

薬は病気を治す義務がありますがなぜか皮膚科は満席。原因物質をやめないからよくならないのかもしれませんね?

原因はなんでしょうね?

 

薬を塗る前に原因がなぜ起こっているのか?を調べなければいつまでたっても負のスパイラルから抜け出すことはできなくなります。

 

くせ毛も同じです。

薬品ばかり髪につけていたら、痛んだ髪にはストレートパーマはかからなくなります。

残ったのはちり付きのダメージだけ。

 

薄毛もアトピーも外観は美しくはないです。

きれいな髪や肌を取り戻すためにも、ぜひ理学美容師のスキンケアの話を聞いていただけたらと思います。

 

プロスパー理学美容院が行っている美容は、自然美容科学です。

 

科学は中立的です。人の感情が入りません。

「法則性」「普遍性」「客観性」「論理性」」

つまり、だれに説明しても同じ答えがでます。

 

美容はイメージや感性のみで教育を受けてきましたが、

科学を用いてお客様の症状、障害を捉えていく知識と技術をご提案させて頂きます。

 

美容はイメージの世界ですませてしまう場合が多いですが、根拠に基づいて行っております。

ぜひ、専門的な知識と技術を用いるプロスパー理学美容院のカウうセリングを受けて頂きたいと思います。

 

カウンセリングを受けて頂くことで、間違えだらけの美容にきっと気づいていただけるかもしれません。

まずは専門家の話を聞いて頂くことからがはじまりです。

 

それだけでも大きな収穫になると思います。

気がつくことができたら改善の道は開かれていきます。

美容も早期発見!早期改善!ですね。

 1.理学美容の目的は人間の持っている機能を取り戻すこと

 

 

理学美容は医療と考え方が反対の位置にあると思っている薬嫌いな私(笑)

だって美容は薬とは無縁。きれいになって頂くのが美容です。

 

肌や髪をきれいになって頂く仕事です。

 

私の美容に対する考え方は、土台づくりに特化します。

「丈夫なお家をたてるための基礎の部分」

 

どんなに素敵なお家でも基礎工事がきちんとされていないとすぐに崩れて問題が多発しますよね。

どんな素敵なお家でも欠陥工事は誰も望みません。「欠陥工事だった」なんて後から知ったらおこるでしょ?

 

それと同じですよ。

基礎工事や修理するのも専門知識が必要です。

髪も皮膚も同じです。美容上のお悩みを改善の出口までお連れすることを目的としています。

 

もちろん壊れたものを修理するには改善できるものもと、できないもにもあります。

美容師は魔法使いではありません。

 

化学薬品を使用せずに自然治癒力の回復をしながら、本来の人間の機能を取り戻していただくためのスキンケアのご提案です。

華やかな美容ではありませんが、「どうしよう」と悩まれている方へ、少しでもお役に立てればと

改善できる可能性のある美容の基礎部分や修理工事をお伝えしています。

 

既成の物は買ってきて素人でも組み立てられるようになっていますが修理は専門知識が必要になります。

メカニズムが頭に入っていないと立て直すことは難しいです。

 

基礎の部分はぜひその道を熟知した専門家にご相談頂けたらと思います。

 

物なら買い替えることができるけど、命(髪)は買い替えることはできません。

イメージだけでは改善できません。

1-2.生きているかぎり、自然治癒力に期待したいですよね

人間が本来持っている素晴らしい機能を無視しないでほしいです。

「自然治癒力」を取り戻すためには根気は必ず必要です。

努力なくして改善できるはずはないです。

 

すぐに改善させたい、という気持ちがどこかにあるのであればこのブログは必要ないです。

あせらない、あせらないが愛言葉の美容院です

 

人間のメカニズムは本当に良くできているにもかかわらず、つい過保護な方へと気が向いてしまいます。

自分の力で何とかしたいという人ではないと、説明が時間の無駄になります。

 

日常のあらゆる場面で過保護になり過ぎてしまい、考え方までも退化しています。

 

くせ毛がいやだったり、薄毛が気になったり、痒さが我慢できないなどの、悩みのスパイラルから解放したいのであれば、

「自力で直すためにも、よくなるためには我慢しようよ」と応援する美容院です!

 

ほとんどの方が自分で何とかしようではなくすぐに「病院へ行こう」という行動を起こすと思いますが、美容の悩みであれば少し冷静に物事を考えてみてもよいのではないでしょうか?

1-3.教育ママの元ではいつか爆発します!

教育ママみたいに頭ごなしに押さえつけるとお子様が突然爆発します。

ママの前では良い子でもママの見ていないところで悪さをしたくなる・・・

良い子だったのが思春期になると突然暴走する・・・

反抗は成長過程ですよね。何か理由があるから反発するのではないでしょうか?

成長途中で押さえつけることは限界があります。

押さえつけるのではなく、自分でやる気を起こさせるような教育が自然なのではないでしょうか?

 

ちょっと話がずれましたが、人間社会と同じなのが髪や皮膚トラブルです。

 

髪のダメージをむりやり隠すように押さえつけることをしていれば、後で答えはそのまま出てきます。

くせ毛・薄毛・肌トラブルなどで悩まれている人が増えているのは、

トラブルを無理やり押さえこんでしまうやり方だからです。

 

熱でくせ毛を隠したり・・・

痛んだ髪はツルツルになるスタイリング剤でかくしたり・・・

心当たりはありませんか?

 

じわりじわりと起こってきた髪や肌トラブルはのほとんどが美容関係で起きてるといっても過言ではないです。

 

化粧品類は毒性は弱めてありますから、すぐに何かが起こるわけではありません。

反復使用していることが蓄積して「使うのはそろそろやめた方がいいですよ」

と体がサインをだしてくれます。

 

これがいわゆるアレルギー反応という、体の防衛反応です。

アレルギー症状という防波堤がなかったらそく、あの世です。

 

全てにおいて自力で回復させようとはせず、無理やり押さえつけれしまうことが、

根本的な改善をかえってこじらせてしまっているように思えます。

 

自分の体で免疫がコントロールができなくなり、

悪化すると毒性がないのでも、接触するもの全てが過敏に反応するようになります。

例えば食べ物のに反応するなんて本来は考えられないことです。

 

食べ物に猛毒がもられているのでしょうか?

食べ物もじわりじわりと何かが蓄積されて、許容量いっぱいになった時にサインがでるのでしょう。

 

無毒のものに反応するのは免疫の誤作動です。これを自己免疫疾患と言います。

 

改善の近道は押さえつけるのではななく原因を追究することではないでしょうか?

これって、できそうでできないです。

こんなシンプルなことができないから悪戦苦闘してしまうのです。

 

改善するためには我慢しなければならないです。

甘やかされてきたから我慢ができない大人が多いように思います。

 

1-4.毎日反復使用している化粧品類だって「薬」?

 

髪を染めるカラー剤も、髪を洗うシャンプーも、化粧も薬。

 

私たちのまわりは知らずに薬のてんこ盛りです。

どのような薬が配合されているかなんて私たちにはわかりません。

 

人間は「おぎゃ~」と生まれた時から、知らず知らずに多かれ少なかれ薬に囲まれて暮らしています。

使用していると思っていないから、原因がわからなくなっています。

 

「自然に治る」というシステムがもともと人間には与えられていますが

自然治癒力が退化していることをまずは確認する必要があります。

 

「菌はすべて悪だ」「太陽は毒だ」みたいな教育が肌の弱い人間を生成しているのです。

薬品まみれだからこそ皮膚免疫力を高めていかなければいけないのに、その能力まで摘み取ろうとしています。

 

菌や紫外線のデメリットばかりを強調していますが、メリットだってたくさんあります。

菌が菌の防波堤になっていることがあります。

なぜ、メリットを教えてはくれる人が少ないのでしょうか?

 

1-5.偽装ばかりしてると髪がうすくなりますよ

仕事を通してきれいで健康な髪にお会いしたことがありません。

一個人の考え方なので不愉快に思わないでくださいね。

 

薄毛になったら、

「かつら」をかぶせればいい「植えればいい」みたいな、これもまた隠そうとする技術は発達していますが、

根本的に改善策はいまだ試行錯誤のようです。

 

気持ちはわからなくはありません。私だって薄毛や白髪は嫌です。

 

でも、かつらを作る工程を考えると、かつらも怖いなと思います。薬で加工処理に不安を感じているからです。

 

もっと気になるのは、日本人の髪でかつらを作ったら最悪なかつらができそうな予感がします。

日本人の髪は化学物質まみれでかつら作りには不適切な髪だと思います。

 

昔の日本人の髪だったらかつら作りもありです。

しかし日本人の髪でかつらを作らなかったことにはどうやら理由がありそうです。

 

あなたの髪が不純物が付いていないかを私はチェックすることができます。

ほとんどの人がすでにナイロン毛です。

きれいな髪を提供したらもっと喜んでいただけるはずです。きれいな髪の土台になってほしいと願います。

 

なぜそう思うようになったか?というと我が家の猫の首輪です。

首輪をしばらくつけていたら、首の部分だけ毛がいつまでたっても生えてきません。

首輪をしていたことによる脱毛に恐怖を感じました。

 

毛にかぶせる素材によっては、毛って生えてこなくなっちゃうんだな・・・

 

かつらは簡単に装着ができますが、とるときに試練が待ち受けていることを知っていますか?

せっかく健康な髪が生えてきても一度かぶってしまったかつらは、とることができなくなります。

 

多数の人と同じではないと不安になる気持ちも、とてもよくわかります。

まわりの人が大らかな気持ちで見守ってあげることが一番の親切かもしれませんね。

 

人様に向き合ってきた長年の率直な感想です!

 

2.薄めても毒は毒

 

子供の頃はまっすぐだった髪が大人になったらくせ毛になった。

半数以上は生まれ付きのくせ毛に、さらに髪を痛ませてきたことで起こるくせ毛というトラブル。

こちらも子供のころからの蓄積が考えられます。

 

髪を傷ませたことで非常に改善しにくくなってしまいました。

傷んだ髪をまずは修理しなければ癖毛はどんどんひどくなる一方です。

 

髪だって子供のころはまだまだ大切な成長過程です。その頃にしてたことを振り返る必要があります。

一番身近なのはシャンプーやトリートメントですね・・・

 

くせ毛って、日常生活で使用している些細な積み重ねで起きている場合がほとんどです。

 

美容で使われる薬はもちろん毒素は低いです。

強かったらすぐに症状があらわれてしまい、製品としたら使い物にならないじゃないですか?

薄すめればすぐに症状はでません。

 

薄めた薬を反復使用することが問題です。じわり、じわりです!!

 

安全といわれているものを使用しているんだと自信満々な人が大勢いらっしゃいます。

「本当かな?」

自然で安全と書いてあったものを使って来た…という人が好転反応を起こします。理由があります。

理由がわからないのであれば、長年美容師を続けてきた人の話は聞くものです。

 

例えばお湯だけで髪を洗う・・・これ誰がいいだしたのでしょうか?

安全にきれいに髪を洗えるシャンプーがなく、めんどくさいから「お湯だけで洗え」

と言っているように聞こえてきます。。

 

情報にただ流されて安全だと思っているだけなのかもしれません?

 

新陳代謝の活発なお子さんに湯シャンなんて絶対にNGです。細菌感染症を誘発します。

 

最近、お子様の間でシラミが発生しているのはご存知でしょうか?

 

一度髪に寄生したら大変です。きちんとしたシャンプーできちんと洗ってください。親の責任です。

シラミ駆除はDDT、つまり農薬です。成長過程の子供に散布するなんてよいわけがありません。

 

 

美容に責任を持たない人達は簡単に発言できますが、責任を取るのいつも現場で働く美容師。

どんなに学歴が高い人でも髪のことがわかるのでしょうか?

実技をしていないからです。

 

何かと影響力の高い方が一声かけると、すぐにそちらに興味を傾ける消費者。

 

直接人に携わった美容の専門的知識と技術がなければ絶対にわかるはずがありません。

頭がいい悪いの問題ではないと思います。

 

間違えだらけの美容にはやく目覚めて頂きたいと思います。

 

3.美容のトラブルを改善できたのは、薬ではなく理学美容師のスキンケア

髪を助け隊員。別の名を「プロスパー理学美容師」!(笑)

 

病気をなおすにはもちろん薬が必要です。

しかし髪のダメージや美しさを治すという義務がお医者さんにはたしてあるのでしょうか?

 

美容は病気ではありません。だから薬は必要ないです!

正しいスキンケアの選び方と使い方の知識が必要です。

 

人間の体は本当に良くできていて内臓で浄化してくれます。

しかし、肌に塗るものは内臓で処理はできないです。蓄積される一方です。

 

この世になかったものを生みだし、それらが人間の身体と同化できるかは誰にもまだわかっていないです。

 

3-1.何でもかんでも化学薬品は悪だ!と極端な考え方も危険です。

 

 

今こうして人類が増えたのは化学薬品があるからだとも言えます。

プロスパー理学美容院では天然由来成分と化学物質と折り合いをつけて行こいう、という考え方をしています。

原始時代には戻れませんから。

 

例えば、天然物の恩恵を頂くための保存です。人口が増えた分保存しなければすべての人に行き渡らないですよね。

物は腐ります。どうすれば一番安全に保存ができるのか?

 

保存する方法の考え方で大きく製品の良し悪しが変わってきます。

 

化学薬品のおかげで保存技術は発達し、食べるものは豊富に貯蔵できます。人口が増えたのは保存の知恵。

化学薬品がなかったら飢餓状態。

 

化粧品ついて、まるで原始時代のように自然派を強調する女性達がいつの間にか増えてきました。そういう人がお化粧も白髪染めもしていたりするとがっかりします。

 

 

「湯シャン」とか「無添加製品」がいいというのは個人の自由です。しかい事実確認をしないまま言いふらされては本当に困まってしまいます。

 

無添加ってなんですか?

 

「本来人間が持っている機能を回復させるためにはどうしたらよいか?」

を考えるべきではないでしょうか?

 

製品は物でしかありません。

 

病院で出されるお薬だって医師の見立てが必要なように、美容の製品も症状に合わせてお使いになって頂くことが本来の姿です。

 

今や健康ブームで一方通行のネット情報がわんさかありますが、文字の羅列だけでは到底理解ができるはずがありません。

 

今まで当店が扱っている製品はネット販売はできませんでした。

なぜなら商品は誰でも販売できますが、毛髪科学を一般の人に教えられる美容師がいなかったからです。

 

思いこんでいる、間違いだらけの美容を覆してていく勇気は並大抵な努力ではできないです。

理学美容のカウンセリングをすることは至難の業です

ブーム以外の情報は、だれにも相手にされず人間関係が悪化することは目に見えています。

 

口コミや人の情報を盗み見して自分は苦労もせず、「使ってみようかな?」

みたいな調子のいい、ずるい人はずるをした結果しか手に入れることはできませんね。

 

使い方をきちんと説明しご納得いただいてからではないと、当店のシャンプーは使いこなすことはできないです。

 

各々のおしゃれの経歴が違うから・・・

だからカウンセリングが必要な理由です。

 

3-2.成分表示ばかり眺める人の落とし穴

何でも簡単に手に入るようになりました。

 

どんなシャンプーがいいのかな?

探せばゴロゴロ情報は頃が転がっています。文字を読めばよいことがいっぱい書いてあります。

 

最近は原料表示の解説してくださる親切な学者さんも増えてきました。

でも、解説ができても人の毛は触ることはできないのが学者さん。

人の髪を洗ったことがない人たちになぜシャンプーのことがわかるのでしょうか?

 

私は美容師になりたての頃、手荒れでケロイド状態になった時期があります。

水が凶器でした。

 

人様の髪を洗ったこともない人に、何がわかるかー!と心の声です。

実技から見えてくるシャンプーの評価は自信があります。きっぱり!

 

成分表示というものは作った人の良心で大きく変わります。

抜け道もたくさんありますから現実的ではないです。

 

情報があふれているので、一般人でも化学者さんになれるようになってきました。

でもよく伺ってみると、「テレビで言ってたよ。」「週刊誌に書いてあったよ。」

自分で研究したわけではない、うわべだけの知識が山のように積もっているようです。

 

素人には判断ができないのが成分表示です!

 

例えばアルコール(エタノール)。

飲むお酒だってアルコールです。発酵させればみ~んなアルコールです。

「植物のエタノールだから安全です!」みたいな広告。よくみます。

 

どのような目的でなぜエタノールが必要なのか、なんてわかりませんよね。

 

日本人は植物という言葉を聞くと安心してしまう傾向があります。

現代人に自然を教える方が困難です。

 

「〇〇植物エキス配合!!」

「植物なら安心」

 

実は、自然界の物を利用するほうが難しいです。

植物だけで白髪がきっちり染まるわけがありません。

 

植物エキスはどのように抽出しているのでしょう?

抽出した植物エキスならなおさら保存が難しいです。

腐敗、カビ対策はどのような手法がされているのでしょうか?

 

「〇〇油は髪にいいよ~」

の脂は酸化します。酸化をどのように止めているのでしょう?

 

このように成分だけ見ても素人には全くわからないのです。

 

最近では必要のない原料までイメージをよくするため、ためにわざわざ配合するそうです。

消費者には成分表を見ても訳が分からないですよね。

 

原料の表示が「〇〇エキスだけ!」

たった一つの原料表示は個人は逆に不気味です。

 

イメージ戦略におされ人間がなにも考えなくなった証拠だね

 

平和ボケかな?

 

3-3.シャンプーが多すぎてどれを選べばよいの?

先日スーパーでの出来事です。シャンプー売り場である光景が目に入りました。

 

男性従業員がシャンプーを陳列していたとき、女性が質問していました。

 

「あの~ノンシリコンシャンプーで、どのシャンプーが髪に良いですか?」

 

スーパーの男性職員さんが、たくさんあるシャンプーの中で、「このシャンプーがノンシリコンでマイルドでね~、無添加でね~、いいですよ~。」

 

とお答えしていた光景は一般的かもしれませんが、私には奇妙にみえました。

 

結局、商品の説明はできず手触りや香りで選んでいて内容のことは全くわかっていないのです。

現場で働いていると、みんながみんな自分は一番良いシャンプーを使っていると言っています。

 

しかしシャンプージプシーさんも多いです。新商品がでるとすぐ浮気?

 

「痛み」「かゆみ」「ふけ」「発赤」「くせげ」「脱毛」

などで悩まれている方がいろいろ試してみたけれど、どれを選んだらよいのかわからない。

という時は 手荒ればかりを経験してきたプロスパー理学美容院の遠藤に聞いてくださいね。

 

きっとご満足のいくアドバイスはできると思います。

 

4.カウンセリングがなぜ必要なのでしょう?

 

美容師の目指す仕事は1つ。

 

「きれいになって頂くこと!」

 

きれいになって頂くためには、今までの美容の経歴をお伺いすることが必要です。原因になっていることがあるはずです。

原因物質を止めていけば、自然と人間本来の機能を取り戻すことができます。

 

人間が本来備わっている機能を呼び戻さなければ、

どんな高価な商品を使用しても改善できるわけがありません。

 

製品探しばかりではなく、人間本来持っているシステムを呼び戻すことが先です。

呼び戻すためにはどうすればいいのか?道先案内をさせて頂きます。

 

厄介なのは、長年の蓄積が正常に戻ろうとするときにドラマが起きます。

ドラマのあらすじを先にお伝えすることが指導者として大切な部分です。

 

悩みがそれぞれなので個別でご指導させて頂きます。

 

美容上のトラブルを抱え一人で悶々と悩まれている人へ、相談できる美容院があってもいいのではないか?

という思いが膨らみ、そしてプロスパー理学美容院が生まれました。

 

長年理学美容と向き合い、信念を曲げずに続けてきた美容のアドバイスであなたの心の窓が開いてくれたらよいな。

目を覚ましていただけるきっかけになって頂けたら嬉しいです。

 

何が正しくて何が間違えているかは正直わからないです。

先のことなんて超能力者じゃあるまいし、わかるはずがありません。

私だって未熟者。だけど、美容のことなら皆様よりは知っています。

 

慢性的な髪や肌のトラブルは減るどころか増える一方。

どこかが間違えている証拠だと確信しています。

 

4-1.間違えだらけの美容はやめよう

何を試しても改善できないのであればそれは間違えているから。

 

間違え探しをご一緒にしていきましょう。

そのためには美容のことを熟知した理学美容の専門アドバイザーが必要です!

 

何をしても改善できず、人間不信になりいつまでも悩みの渦にいる方々が、改善され楽しい人生を送って頂きたいと思います。

 

「頭皮」「脳髪」「皮膚」などのトラブルから生還できない方が明るい毎日を送ってほしいです。

 

今、あなたに必要なのは、優しい言葉で慰めてもらうよりも、結果を出すことではないでしょうか?

 

カウンセリングを行う理由は、無駄な時間をとらないことです。

文字の羅列にながされ、理解しないまま製品を買い続けることは時間の無駄!

 

商品は物であり人間は生命体です。生命体は毎日状態が変わります。

昨日はよかったのに今日はよくない。それは命あるものだからです。

人によって髪や皮膚の条件が全く違う。

 

条件が違う人間が、同じ製品を同じように使えるって不思議ではありませんか?

 

原因は人それぞれで、原因のないところには症状は出ないことは何度もお伝えしました。

原因がわからないのに、どの製品を使ったらよいのか?

 

「わかりますか?」

 

改善させるためには、

「どのような製品が必要なのか」

「どう使うのか?」

「その結果どのようになっていくのか?」

 

理学美容師とあなたとの二人三脚が始まります。

新しい製品に変える時には、思いこんでいるルールの仕切り直しが必要です。そのために私はいます。

 

理学美容を熟知した美容師が、長年人様に接触できる仕事を通し見てきた経験から、

あなたがお一人で悩まれている「髪」「頭皮」「皮膚」について改善策をご指導させて頂きます!

 

4-2.説明する理由は責任があるからです

 

 

 髪やお肌の状態を拝見させていただかなければ答えもでませんが、あなたのお悩みの声は伺うことはできます。

 

製品はどこでも手に入る世の中ですが、毛髪や皮膚科学のことはだれも教えてはくれません。

「祈ってみても、くせ毛、薄毛、肌トラブルは治りません。」が私の主張です。

 

対面では多少ストイックに対応させて頂いてます。

ストイックな対応が苦手な人もいらっしゃると思いますが、まじめに取り組んでいる証拠だとご理解ください。

 

魔法にかかった人たちを目を覚まさせるのにきれいごとでは済まされません。

九死に一生の人にやさしい言葉をかけるより救命活動に徹します!

 

今までの常識では説明のつかない、複雑な皮膚や毛髪のトラブルが年々増えていることは、

皆さんも薄々感じているのではないでしょうか?

 

薬を塗ってもなかなか治らない皮膚のトラブルは、現実増えることはあっても減ることはありません。

髪や皮膚のトラブルに効く薬がないからです。

「痒い」「痛い」「赤い」「薄毛」「くせ毛」

 トラブルがどんどん低年齢化していることに恐怖を感じる今日この頃です。

 

おしゃれをしたくても皮膚や毛髪のトラブルで、

できなくなってしまうという悲しい状態に追い込まれていらっしゃる方が大勢いらっしゃいます。

 

髪や皮膚トラブルのない方には理解が難しいかもしれませんが、髪や皮膚トラブルは深刻な社会的な問題に広がっています。

 

学校へいけない、会社に行けない、結婚ができない

・・・悩みは深く、笑顔が消えてしまうことが多々あります。

 

どんなに高価な美容製品や薬に変えてもトラブルラの改善策になるとは思えません。

 

トラブルを抱えられている人は、美容のルールを知ることが改善への近道です。

 

美容とはイメージではなく科学が存在しています。中立的な自然美容科学を知って頂きたいです。

 

必ず知性という美しさとなってご自身に戻ってきます。

 

5.知性という美を教えなかった

 

「老いていくことは悪いことだ!」と、とらえがちですがそんなことはないのです。

 

どうも日本人は若くなければ評価が悪いですが、歳を重ねるたびに若者より勝るものはたくさんあるはずです。

それは「知性美」

美容の思想を変える時代がそろそろ来ています。

 

5-1.老いても美しく!知性美をみがきましょう~

年を重ねるごとに知識が豊富になりそれは財産です。

年をとればとるほど「優位性のある美容」であることを認識して頂きたいです。

 

知性美とは何でしょう?

知性美はまさに審美の真髄です。

「清楚な美しさ」

「皮膚の美しさ」

「毛髪の美しさ」

「体形の美しさ」

「爪の美しさ」

「匂いの美しさ」

 

年を取れとばとるほど、ご自身の身体を清潔に保てることこそ美しさです。

何歳になっても美しさを保つ知性を持ち続けたいですよね。

 

5-2.イメージだけではなく科学で考える美容

 

美容を科学で教えなかったのは、美容界の大きなミスだと感じます。

 

「肌に優しい」「安全」「安心」というイメージだけでは、

何が安全で、何が肌に優しいのか抽象的過ぎてわかりません。

 

最近はその言葉が並んでいるのを見るだけで馬鹿にされたように思えてしまいます。

 

科学のルールを女性たちに教えないことに憤りを感じます。

難しい話を拒否る女性が多いですが、まず改めなくてはいけないことです。

 

美容の教育に

「知性美」

という科学を学ぶきっかけがなかったことかもしれません。

 

目を覚ませ!女性たち!!

 

知性美とは自然美容科学のルールに従って、「老い」という不安や、

毛髪や皮膚のトラブルに向き合い解決することで、芯からの癒しに変わっていきます

 

5-3.イメージに流されない賢い女性

 

 

「なぜ?」「どうして?」の疑問を一つずつ科学のルールに従って解決していきましょう。

 

誰も教えてくれない美容の科学を学ぶ場の必要性を感じ、

お伝えしていくことが美容師としての責務だと感じています。

 

「くせ毛はどうしたら治るのですか・・・」

 

「髪の毛が日に日に薄くなるのが怖いのですが・・・」

 

「円形脱毛症は本当にセルフケアで治りますか?・・・」

 

「若白髪で悩んでいます・・・」

 

 

症状にあったお手入れの方法さえ理解できれば、ご自宅でもできるヘアケアやスキンケアはたくさんあります。

 

悩んでいる人たちの改善に導き、経験を積んできた理学美容師、遠藤由美が直接ご指導させて頂きます。

 

何が正しくて、何が間違えているとは言い切れませんが、

今までの美容方法が間違いではなければ、今絶対にトラブルなんて起きていません。

 

どこが間違えていたのか?知るきっかけになって頂きましたら幸いです。

 

トラブルが改善できなくてお悩みの方は、理学美容師がご提案するスキンケアの方法にチャレンジしてください。

 

6.誰にも相談できなくて、ひとりでお悩みではありませんか?

 

アドバイザーもなく途中で心配事がでてきたら、サポートしてくれるのはだれですか?

コンピューター先生に聞きますか?

血の通う人間が、血の通わない機械に聞きたい人は聞いてください。

 

私は人と人とのかかわりを大事にしたいと思っています。

実技をしてきた経験で私は皆様をサポートします。

セルフケアの仕方をご自分で身に付けていくご指導をさせて頂きます。

 

中立的な美容の科学を用いてお客様の症状、障害を捕えて、根本改善というゴールを目指していきます。

 

ご自分の身体能力を高めること(自然治癒力の強化及び免疫力の強化)がトラブルに対処できる唯一の方法です。

ご自分の体が持っている機能を回復させることを目指している、プロスパー理学美容院です。

 

指導はできますが改善できるか、できないかは本人様次第です。

今までの状態を乗り越えることは根性は必要です。

人間は考える能力があります。ご自分のことですからよくお考え下さい。

 

乗り越えられた人だけが、健康で美しいさを手に入れることができます。

 

6-1.自分の汗でかぶれるって?汗が毒?

自分の汗でかぶれる?

自分の汗に毒?

 

本来考えられないことは、毒性が無いものにかぶれることです。

毒性が無いものにまでかぶれたら、手の施しようもないです。

皮膚病は数えきれないほどあります。

よく知られている身近な美容上のトラブルをピックアップしました。

スキンケアで美しい髪や肌を取り戻してください!

 

症状が出るのは必ず原因があります。ストレスでなんでも片付けないでくださいネ~!

 

フケ

脂漏性湿疹

色素斑

しろなまず

脂漏性疾患

接触性脱毛症

分娩脱毛症

円形脱毛症

波状毛

白髪

シミ

小じわ

老人性斑点

肝斑

そばかす

白なまず

ニキビ跡

赤ら顔

吹き出物

老人性いぼ

光過敏症 

ワキガ

加齢臭

セルライト

たるみ

尋常性乾癬

黒ずみ

妊娠線

主婦性湿疹

巻き爪

アトピー性皮膚炎

 

美容上のトラブルに効くお薬が本当にあるのでしょうか?

ぜひ正しいスキンケアで美しい肌と髪を取り戻してほしいです。

 

顔や髪が汚かったらきれいにしましょう!!ただそれだけを美容師としてお伝えさせていただきます。キッパリ!

 

6-2.プロスパ―理学美容院によく頂くご質問

 

Q1:そちらのスキンケア製品やヘアケア製品を 使わなければ改善できないのですか?
A:もちろんです

 

Q2: 製品を使えばすぐに良くなりますか?
A:魔法の薬ではありません。

 

Q3:美容効果の目安はありますか?
A: 手触りでわかります!

 

Q4:薬を使用している覚えはないのですが、リバウンドが起こるのですか?
A: 知らないで使用していることがこわいです。

 

Q5: 薬を使用していますが、薬は止めることができますか?
A: 急ブレーキは危険!です!

 

Q6.新しい化粧品に変えるのが怖いです
A:  努力する方のスキンケアです!

 

Q7.使い方などわからないことがあったら教えてくれますか?
A:正義の味方です

 

私は愛想のない人間ですが、改善させるまで精いっぱい説明させていただきます。

改善が目的です。

お世辞はいえませんが、実はとっても親切です。(笑)

 

根本的によくなるためには、一時後天反応が正直に出る場合があります。もちろんでない人もいます。

取り扱いの説明をさせて頂きます。

 

例えば、多量な油脂を使い続けていた人が、やめたら乾燥する。

リバウンドを起こすのはステロイドだけではないのです。

知らないことがたくさんあります。

ぜひご興味を持っていただけたら嬉しいです。

はじめての方はカウうセリング(有料)からお願いいたします

7.まとめ

プロスパ―理学美容院ができることは審美の追求です。

・コンプレックスを美しくするご提案

・若返りの条件をご提案

・感性とともに美容療法のご提案

・肌の弱い方に提案

・特殊技術のご提案(酵素パーマ・酵素カラー・育毛技術・損傷毛の改善など)

 

理学美容は病気は直せません。

あくまでもスキンケアで美しくなって頂くためのものです。

ぜひ一人でも多くの方が、美容自然科学を学んで頂けることを心よりお祈りいたします。

 

お悩みを抱えて一人で悩まれている方はご相談くださいね。

改善の出口までご一緒させて頂きます。

カウンセリングでお会いいたしましょう。

はじめての方はカウンセリングでお待ちしています(有料)

 

プロスパー理学美容院

代表 遠藤由美

Pocket

The following two tabs change content below.
遠藤 由美

遠藤 由美

名前:遠藤由美。プロスパー理学美容院オーナー。横浜市泉区和泉町にて、「毒性のある化学薬品を一切使わない」美容院をオープン。「あの頃の自分に戻れる」をコンセプトに、薄毛、白髪、縮毛、損傷毛に悩んでいる方を、自然本来の美しい状態に、劇的に美しく改善している。Facebookページやホームページで、そのビフォー・アフターを見るだけでも、プロスパー理学美容院の凄さがわかる。