どうも!プロスパー理学美容院の遠藤です!

今回は、化粧品やシャンプーに配合される、防腐剤と殺菌剤はどちらが安全なのか?というお話しをさせて頂きます!

スキンケア製品は化学薬品を使わないで作ることは理想です。しかし絶対に人間ができないことは腐敗を止めることです。

化粧品や医薬部外品には防腐を目的に防腐剤、もしくは抗菌剤(殺菌剤、消炎剤)のどちらかを配合しなければ 製品の安定ができません。

どちらも入っていないというのは、論外です!

なぜなら、防腐剤もしくは殺菌剤が入っていなければ、雑菌が日を追うごとに繁殖を続け、結果腐った物で、お化粧をしたり、髪を洗っていることになります。

と、どうなるのかというと、じわりじわりと痒みの発生がおこり、放っておけば、湿疹などの症状が出てきます。

ご自分では、なぜ,かゆみがでるのか、さっぱり理由がわかりません。

まさか、雑菌が繁殖したシャンプーを使っていたから?と気が付く人はまずいません。理由がわからないのに、薬を塗ってその場を対処しようとします。

防腐か、殺菌をしていないことから起こる、菌の繁殖による細菌感染症の疑いがありますね。それがかゆみの原因かもしれませんよ。

今回は、防腐剤と殺菌剤、どちらが安全なのか?というお話しです。

さて、あなたは、どちらが安全だと思いますか?

Read More