Pocket

 

どうも。プロスパー理学美容院の遠藤です。今日は「くせ毛を治す方法|根本的に治すために必要な事とは?」というタイトルでお話ししていこうと思います。

なんだか根性論が飛び出してきそうなタイトルですが、くせは治らないと、アクションすら起こさないで諦めていませんか?


一般的にくせ毛を治すアクションをするとしたら 化学薬品による縮毛矯正くらいでしょうか?確かに縮毛矯正は自分の描いている直毛を手に入れることが簡単にできます。

でも、縮毛矯正は根本治療にはならず、かえってくせ毛を醜くしたり、将来、薄毛に繋がってしまう可能性だってあります。

一度でも化学薬品の縮毛矯正をかけた経験があるのであれば、根本治療は根性が必要だということを先にお伝えしなければならないです。もしも、長期に渡って縮毛矯正をかけていればそう簡単にはくせは治せません。だから諦めないでくださいね、とお願いしています。

化学薬品を使わないで自分の力で治そうというのですから、生半可な気持ちでは治るものではないと、初めにお伝えしておかなければならないのは、お伝えするうえでの責任です。

化学薬品の縮毛矯正をかけた人がくせ毛を治しにくいという理由は、強力な薬品を使い圧力を加え引っ張るという作業をしてしまったからです。その状態から急に自力で治そうとすると100%リバウンドというひずみが起こります。

飲み薬と同じで、急に縮毛矯正の薬を断つのではなく、ゆっくり手入れをしながら薬を抜いていかなければなりません。

治すには根気と諦めない意志が必要です。

では、自力で根本的にくせ毛を治す方法をお話ししていきたいと思います。まずは、化学薬品の縮毛矯正ってどうやって癖毛を伸ばしているのかを、知る必要があります。

1.化学薬品の縮毛矯正はなぜ一日でくせ毛が伸びるのか

blog-cury-hair

blog-cury-hair

短時間でくせ毛が真っ直ぐになってしまう魔法のような縮毛矯正の仕組みはどうなっているのでしょうか?

例えれば、鍛冶屋さんみたいなことをしています。化学薬品(パーマ液)で髪を柔らかくしたところを高熱でたたいて(アイロン)伸ばして癖毛を直毛にしています。固い鉄を曲げるのってパワーがいるじゃないですか。ちょっと似ていませんか?

私も以前は縮毛矯正をかけさせていましたが、誤ってアイロンの淵にほんの少し指が触れちゃっただけで,すぐに水ぶくれになりましたね。

じゃ、髪は平気なのかって?話です。かなり高温ですからかければかけるほど、そりゃー髪が痛みます。

痛みだけならいいですよ。歳をとれば髪も細くなり、頭皮も弱りしかも白髪も増えてきて、つむじはぺちゃんこになって別の悩みに変わっていくはずです。

そんな状況を予測しながらいつまで縮毛矯正をかけ続けるのだろうと不安になってきている人もいるのではないでしょうか。今がきれいならいい、という人は気にする必要のない話ですけどね。でも先のことはわかりません。必要になったらきっとこの話を思い出してくれるはずです。

縮毛矯正をかけ始めた時の感動は忘れられないと思います。だって毎朝うねっていた髪が真っ直ぐになり、ブローいらずですからね。アイロンで表面を均一化するので、艶が出て見えるのも嬉しいかもしれません。一度知った快感はそう簡単には手放したくはない気持ちは十分にわかります。

しかし、サラサラになって艶が出たからと言っても髪が良くなったわけではありません。実際は施術前よりかなり痛んでしまたのです。

化学薬品で加工して伸ばしたのだから、生えてくる髪の根元は治った訳ではありません。1か月に1センチペースで髪は伸びますから、またうねうねの髪が出てきます。パーマ液の処理だけでは伸びと持続性は弱く、簡単にくせが戻り根本的なくせ毛の解決には全くなっていません。

根元はうねうねなのに、毛先が真っ直ぐでは、へんてこりんなヘアスタイルになってしまうからまたかけたくなります。

くせ毛が強ければ強い程、一度始めたらやめられないのが縮毛矯正です。どうしてもくせ毛が嫌だという人は魔法をやめるなとはいえません。魔法から覚めたらすごい現実が待っているからです。

一度魔法をかけてしまったら、魔法使いじゃない美容師はもとの健康毛の状態に戻す扉を開ける呪文まではわかりません。

癖毛を治そうとして、髪を痛ませたのだから、まずは痛みの根本的な改善からしていかなけならないので手間暇がかかり、この段階途中ですぐにあきらめてしまう人がいます。

途中であきらめた人はシリコンなどでまた痛みを隠して過ごすことになります。シリコンも魔法のようなものでサラサラにはなりますが、夢から覚めるとサラサラがボロボロです。

だから根本的に綺麗な髪をゲットするにはあきらめないで、髪質の改善だけに集中する必要があるのです。これがあきらめない、という根性論につながります。

あきらめないと決心した方は続きを読んでくださいね。でも、考えてみればくせ毛のない人なんかいないんですよ。

2.くせ毛のない人なんていない

4癖毛は治る画像

私は長年髪を切らせて頂いていますがくせ毛のない人を見たことはありません。髪を切るときには必ず頭皮の状態は確認できます。髪は真っ直ぐに下に向かっている髪ばかりではないのです。

人間にはつむじがあります。つむじがある時点で髪には癖があるということになります。つむじが2つある人もいれば3つある人もいて つむじの位置が左寄りの人もいれば右寄りの人もいる。つむじが生え際にある人もいれば 襟足にある人もいる。

誰でも多かれ少なかれ、毛根の角度異常があって当然です。

私も子供のころは自分の髪は、直毛だと思っていました。髪を切りに行った美容師さんにくせ毛だからショートカットにすると、くせで跳ねやすくなるよと、と教えてもらって「あっ、私ってくせ毛なんだ」と初めて知りました。

カットの上手な美容師さんならくせ毛がなおるという話も聞きますが、どんなにカットが上手でも、縮れた髪はカットだけで治せません。だから魔法のパーマ液を使って縮毛矯正をするのです。

マネキンの髪だったら髪を人工的に植え付けていくので直毛はできるのかもしれませんが、人間の髪は人形ではなく生ものです。そこまでマネキンの髪にしなくてもいいと思います。

くせ毛は個人の満足度の問題で、くせが好きな人もいて嫌いな人もいるという、価値感で変わります。くせ毛が不都合だと思っている人がどうしたら痛ませず根本的にくせ毛をなおしていけるだろうか?という話です。

それには、くせ毛の原因を知らなければ治しようがありません。くせ毛の原因を調べてみましょう。

3. 癖毛が起こる原因

癖毛なおし10

人類のスタートは黒人からと言われていますからくせ毛であることは人間にとってナチュラルなことです。くせ毛が当然のスタイルとポジティブに考えることからスタートです。

日本人は他の国よりもくせ毛の人は圧倒的に少ないんですよ。なのに80パーセント以上の人がくせ毛で悩んでいるのです。なぜそんなにくせ毛で悩む様になったんでしょうね?

どこかに原因はあるはずです。原因がわかればくせ毛がなおります。

くせ毛になる理由は3つあります。くせは3つのカテゴリーに分けられます。

生まれつきによるくせ毛を、「縮毛」と言います。後からできたくせ毛を「波状毛」と言います。生まれつきのくせ毛にさらにダメージが起こりその二つが混合された第3のくせ毛が発生します。これを「うねり、ちり付き」と言います。直毛に比べて毛質が固いのが特徴です。実はこの3つは同じように見えて同じではありません。どう違うのかお話したいと思います。

 3-1 生まれつきの癖毛 【縮毛】

人間が生命を授かりこの世を去るまで、毛根の角度は理屈的には治らないと言われています。くせ毛は本来、円形である毛の形が楕円に変形して曲がっています。

例えれば、水道のホースを想像してみてください。真っ直ぐなホースは口が丸く勢いよく一方方向へ水を出すことができますが、ホースを折り曲げると、丸い円形が楕円に歪み水があちらこちらに飛び散ります。

髪に戻して考えて見ると、髪の形が楕円になっていたり、毛穴があちらこちらに向いているとまっすぐな髪が生えこないのです。これが生まれつきのくせ毛です。

 3-2 ダメージによる後天的な癖毛【波状毛】

現代人の髪は、ダメージからできたくせ毛が増えています。子供のころはくせ毛じゃなかったのに、大人になったらくせ毛が強くなったという話はよく聞きます。

日常生活で利用する、パーマやカラーやシャンプーやドライヤーやアイロンには、直毛の髪をくせ毛にしてしまう成分や、特性があるんですね。

だからこそ、知識なく市販のものを使うのではなく、ちゃんとした物を使わないといけないということですね。

3-3 先天性と後天性のくせ毛がミックスした癖毛 【うねり・ちりつき】

最も治りにくいのは、生まれつきの癖とダメージを起こしたことによる後天性のくせ毛がミックされた第3のくせ毛です。これがうねり、ちりつきというものです。

縮毛なら縮毛、波状毛なら波状毛と一つの理由なら治りやすいのですが 原因が重なったくせ毛は本当に治しにくいです。なぜなら、先天性のくせ毛を治しながらダメージも同時に治していかなければならないからです。

今まで強烈な薬を使っていて急に天然成分で治そうとすれば かなりの好転反応(リバウンド現象)を起こすことは予想されます。

どのようなリバウンド現象かというと、簡単に表現するならばギシギシな髪。いやいやそんなやわじゃないです。

例えると、冷凍庫に一夜置いたバナナです。バナナが凍って固くなると、かなづちみたいに固くなるじゃないですか。あんな感じで冷凍庫に入れてないのに一本一本の髪が束になって固まっちゃうんです。本当に髪が堅くなります。

あんなサラサラに見えた髪なのにシャンプーすると、かちんこちんで手も通せなくなり、洗いづらくなるから苦痛不快感が起こります。これが髪の好転反応で、「あーもう、やめたっ」てことになりがちです。

こんな状態になることを事前に知っている私は、特に縮毛矯正の経歴が長い方には、気安く「自力で治そうよ」という提案は恐ろしくてできないんです。まさか自分の髪に長年の異物が付いているなんて思ってもいませんからね。

でも、よく考えてみてくださいね。かちんこちんの重たい鉄板みたいなものが髪にずーっと付いたまま生活しているとしたら気持ちが悪くないですか。

ぜひ我慢してでも、髪についている鉄板みたいな固形物を取り去ってくださいね。それだけで手入れがしやすい髪質に変わります。

良くなるための好転反応なので我慢して頂くしかないのです。でも我慢を克服した方は絶対に良いことが待ち受けています。ご安心くださいね。

ということで、薬剤をやめた時のひずみがご自身で耐えられないと思うのです。

薬浸けの人に薬りを急にやめたら「薬くれー」と暴れだすかもしれません。髪もまったく同じです。美容の世界では、お客様(患者さん)を押さえつけてでもなおすことはできません。ご自分から薬を断ちたいとご相談を頂ければ、説明はします。説明を聞くとほとんどの人が 辞めますと言います。(笑)

でも頑張れる人ももちろんいます。だから根性論であり、本当に化学薬品をやめたいという方に向けてのアドバイスです。

薬剤を使えなくなった方や、髪や頭皮がボロボロになってしまい何とかしたいとお悩みの方、化学薬品を使わないでおしゃれを楽しみたいという方への改善方法です。

くせ毛の特徴をしっかり理解し、リバウンドも克服する自信があるという方は改善方法に進みます。

4.癖毛の原因がわかれば癖毛は治る

8癖毛なおし

原因がわかったのだから、原因をやめればくせは治せますね。

細い髪の毛一本は三層からなっています。わかりやすく説明するならば、髪は巻き寿司です。具、ごはん、海苔で成り立っています。

海苔の部分はキューティクルといって、この言葉は良く聞きますね。ウロコのようになっていて、このウロコがボロボロになることをダメージ毛と呼ぶ人も多いのです。それもそうなのですが、実は真ん中にあるメインであるごはんの部分に損傷が起きて形が歪んでいることが重大な問題なのです。

巻きずしを作ろうとしたら、ごはんがギュっと詰まってなければ、海苔や具が安定しませんよね。ごはんがスカスカだったら崩れて歪んだ巻きずしになってしまいます。

ただ詰まっていればよいというわけではなく、ちゃんと栄養がなければ意味がないです。化学でできた添加物を採るかそれとも安全な天然成分を採るかで全然髪の健康度が違ってきます。ちゃんとした栄養を採ると歪んで楕円になった形が 丸くなってきます。丸くなることはくせ毛が治ってきたことを意味します。

しかし髪は味覚とはちがうので、自分の髪のことなのに、全く分からない人がほとんどです。

また厄介なのが、化学薬品がごはんの中に侵入してアイロンをかけてしまったものだから固まってしまって、塊を落とすことが大変なんです。

だから、日ごろから合成樹脂入りの(シリコン等)シャンプーはやめた方がいいよとアドバイスをしているのです。

野菜でも 傷んだところは削って使いますよね。痛んだところに栄養を与えれば元の新鮮野菜になるかって言ったらそれは無理です。痛んだところは切って捨てますよね。だから固まってしまった部分の髪は切っていくしかありません。

頑固になったちりつきは、化学薬品では絶対に治せません!ではどうしたらよいのでしょう?それは化学薬品をやめていただくしか方法はありません。

5.化学薬品を使わずくせ毛を治す方法

1癖毛は治る画像

長々お話ししてきましたが、長年化学薬品と向き合って来て、やっと出会えたのが酵素による癖毛の根本治療です。

縮毛矯正の薬品はとても強力です。だから頭皮に付けたら根元から髪が切れてしまいます。頭皮に薬が付けられないということは、一番気になる根元の癖毛は伸ばしてはいないということになりますね。

しかし天然成分の酵素だったら 薬じゃないので頭皮につけて根本の癖を伸ばすことができます。

化学薬品のように、今日やってすぐ真っ直ぐというように都合がよくはありませんが、酵素を使用すれば少しずつですが、髪の健康を取り戻し縮毛やちり付きをとっていくことができます。

くせ毛を根本的に治すのは、本当はとてもシンプルなことなのです。ややこしい状況に追い込んでしまったのは私たち人間です。

痛んだところはカットし、新しく生えてくる髪を大切に守る。歪んだ楕円を、丸い形になおす。たったそれだけのことです。

酵素は化学薬品とは違うので髪のたんぱく質を傷めないので、断毛や損傷毛もなく継続してやればきれいに健康的にくせ毛の根本治療ができます。

プロスパー美容院の施術とホームケアを併用して進めていくことで癖毛を治していくことができます。美容院で酵素縮毛矯正をしても、毎日髪は伸びてきます。だからお家に帰ったら予習、復習が大切です。と言っても、とっても簡単で酵素を塗布して櫛でとかして10分置く。たったそれだけの積み重ねです。

美容院とホームケアが車輪のようにうまく回転すれば穏やかに癖毛を改善することができます。

生まれつきの角度異常は絶対になおらない!といわれていますが、この取り組みをすると現実に角度異常がなおってしまった方がいらっしゃいます。これこそまさにくせ毛の根本的な改善だと思います。

治らないといわれていた角度異常が、何故なおるのかは化学的にはまだわからないのですが、皮膚から髪が生えてくる途中で、何か良い作用をもたらしたとしか考えられません。

途中苦しいこともあるかもしれませんが、もうすぐゴールだというのに、あと少しが耐えられず諦めてしまう人がいますがもったいないです。

髪の健康を考えながら、癖毛を根本から治したい方は一緒に頑張りましょう。

髪が痛んだとしても、化学薬品でシャキーンと真っ直ぐなお人形さんみたいな髪が好きと言われればそれがその人にとって一番で、もう化学薬品で髪を痛ませるようなことはやめたいわ、という人は天然成分で手入れのしやすい髪をゲットしてください。

癖毛は必ず諦めなければ根本的に治すことができます。諦めないでくせ毛を手入れのしやすい髪になってください

まとめ

では最後に今日のまとめをしておきたいと思います。

くせ毛には3つのカテゴリーがあります。生まれつきの癖毛、ダメージでできた癖毛、生まれつきの癖毛にダメージがついた癖毛です。

薬品による縮毛矯正は根本的にくせ毛がなおったわけではないので、一か月もすればまたうねうねした髪が生えて、スタイリングがしにくくなります。だから縮毛矯正はやめられなくなりダメージの積み重ねをしていていることになります。

ダメージが起きている髪に化学薬品を使って縮毛矯正を続けてしまうと毛先がチリチリになります。ダメージの積み重ねは最終的に脱毛という可能性もあります。

くせ毛を根本的に治したいのであれば、傷んだ髪の修理からはじめてください。修理の途中で好転反応が起きますが、必ず良くなるので途中であきらめないでくださいね。

くせ毛の根本的に改善するためには酵素しかありません。

なぜなら、酵素は楕円毛を丸い形に整えていくことができます。丸くなることはくせ毛を穏やかにしていく効果があります。酵素は皮膚についても安心なので根本からくせ毛を穏やかにさせます。

癖毛を治す方法は 絶対に途中であきらめないことです。

Pocket

The following two tabs change content below.
遠藤 由美

遠藤 由美

名前:遠藤由美。プロスパー理学美容院オーナー。横浜市泉区和泉町にて、「毒性のある化学薬品を一切使わない」美容院をオープン。「あの頃の自分に戻れる」をコンセプトに、薄毛、白髪、縮毛、損傷毛に悩んでいる方を、自然本来の美しい状態に、劇的に美しく改善している。Facebookページやホームページで、そのビフォー・アフターを見るだけでも、プロスパー理学美容院の凄さがわかる。