理学美容・施術について

Q1.酵素パーマは今までのパーマとどこが違うのですか

A.一般的なパーマは化学薬品で髪の結合を組みかえてウェーブを作っています。その時に、大切な栄養分が流出してしまうことで髪が痛んでしまうのです。

普通のパーマ液であれば 栄養分が流れてしまい髪を痛ませてしまうところを、酵素パーマはアミノ酸、たんぱく質などの天然成分を挿入させます。よって髪の若返り(はり、コシ、艶)を実現させます。

普通のパーマと大きな違いは、化学薬品によるウェーブ形成ではないので、髪のたんぱく質を傷つけることがないということと、毛髪の組織を切断することもないので髪が痛むどころか、痛んでしまった毛髪や頭皮の修復のために行っています。

Q2.草木染めってヘナとはちがうのですか?

A.草木染という言葉の持つイメージは「安心」です。しかし天然成分だからと言っても、全てが安心なのか?と言えば、そうとも限りません。

プロスパー美容院では植物の性質や特徴を調べています

本来白髪ができるというのは自然な姿です。自然なものでは色は染まりにくいということを知る必要があります。無理に白髪を染めることはどこかに必ずリスクが伴います。

ヘナと草木染の違いは、ヘナはミソハギ科の植物です。ミソハギは漆のようにかぶれを起こす方もいらっしゃいます。一度ミソハギにかぶれてしまうと、使用できなくなる場合があります。

草木染は、へナでかゆやみ痛みを感じる方のために開発された専用の白髪矯正です。マメ科の天然染料(ヘマティン)、ホソバタイセイ(天然藍)、クロロフィル(葉緑素)に柿タンニンで発色させて、白髪を悩みのなかった自然な黒髪にするのが特徴です。

プロスパー美容院では、白髪を一本、二本見つけたら、ケアをすることで白髪の発生を遅らせることは可能です。白髪を染める、という習慣から白髪を作らせない(老化させない)アドバイスをさせて頂きます。

Q3.ノンシリコンシャンプーを日ごろから使用しているからすぐ酵素パーマや草木染めは始められますか?

A.シリコンはシャンプー以外にも、トリートメント剤、スタイリング剤、パーマ液、カラー剤の中にも含有されている場合も考えられます。良い効果を出していくためにも、まずは、被膜剤除去の作業からはじめさせて頂きます。

Q4.すぐに草木染や酵素パーマが始められますか?

A.カウンセリングにご来店いただき、施術を体験して頂きます。ご理解頂きましたらご自宅で被膜剤の除去作業を続けていただきますと高い美容効果が期待できます。サロンとホームが一体となって取り組むことが理想です。

被膜剤がコーティングされている髪にいきなり始めても効果が期待できない場合があります。順を追って進めていきましょう。

Q5.草木染はすぐに染まりますか?

A.逆にすぐに染まることのほうが不思議です。回を繰り返すうちに頭皮や毛髪が健康になってくると染まり始めます。少しずつ染まっていくことが楽しみになってきます。

Q6.理学美容のシャンプー剤を使ったら髪がギシギシになり櫛も通せません。どうすればよいですか?

A.「素の状態」を表面化したのでうるおい感の減退を感じる方がいらっしゃいます。当店のシャンプーにはシリコン樹脂、被膜剤などが配合されていないため、魔法のようなつるつるに洗いあがることはありません。

ボロボロが改善されたとき美しくつるつるにかわっていきますのでご安心ください。損傷毛の回復までにギシギシで我慢ができない場合は適切な方法をご指導させていただきます。

Q7.理学美容院のシャンプー剤を使うようになったら、かゆみやふけが出てきました。肌に合わないのでしょうか?

A.当店のシャンプーには殺菌剤、抗ヒスタミン剤、消炎剤などが使用されていません。

以前に殺菌剤配合のシャンプーをご使用になっていた人が中止すると、一時的に皮膚免疫性が低下し、かゆみやふけが発生する場合があります。習慣性リバウンド現象です。リバウンドの期間を最小限におさえるご指導をさせて頂きます。

Q8.酵素パーマや草木染めの時間はどのくらいかかりますか?

A.髪を健康にするためには、パーマ液やカラー剤を変えれば回復するというわけではありません。

家を立てるときも外観ばかり立派でも、傾くようなお家は危険です。大地がしっかりしたところに、基礎工事を手を抜かないで行うことで、丈夫な家が建ちそして長持ちします。髪も同じです。基礎を作るためには時間がかかります。

お客様の髪の状態で、一日がかりで対応させていただく場合もございます。お時間に余裕を持ってご来店ください。基礎が整いましたら平均4~5時間くらいでの施術時間が目安となっております。

Q9.ヘナをしていました。酵素パーマはかかりますか?

A.ヘナは脱色をしないため髪を傷めない白髪染めです。しかし自然のものでは染まらないです。染まりが悪い場合、染まりをよくする化学物質が配合されているものもあります。

そのため、技術効率を阻害する場合がありパーマがかかりにくくなっています。

またヘナは性質上、パーマが、かかりにくいです。ヘナを使用されていた方も被膜剤除去からさせて頂いております

Q10.白髪の髪はなぜ染まりにくいのですか?

A.白髪は見えない透明なガラスの層ができています。よくキラキラ反射している白髪の方がいらっしゃいますよね。あのキラキラがガラス層です。透明なガラスの層がもしなかったら、ぷつぷつ髪は切れ、髪として存在できません。

外界から守るためのガラスの層のおかげで髪として存在できている白髪なのですが、技術効率を悪くする原因にもなっています。穏やかに作用する天然素材のものでパーマをかけたり白髪を染めようとしても、ガラス層の被膜の影響でパーマがかからない、色が染まりにくい、といのはそのためだということをご理解ください。

透明なガラスの層がなくても自立した強い髪になることが健康な毛髪です。理学美容の施術をすることで、透明層がなくなっていき、白髪矯正技術の効率も抜群に発揮していきます。染まり始めたら被膜が取れたことを意味します。白髪にガラス層の膜が張っていないということは、隠れたおしゃれです

Q11.化学薬品でかぶれたことがないのに、天然成分のものに変えたらかぶれてしまいました。

A.現代人は顔や頭に毎日いろいろなものをつけているので過敏になっています。過敏になっている皮膚に本来毒性がないものにまでアレルギー反応を起こす人もいます。

理由は殺菌剤、消炎剤、抗ヒスタミン剤、ホルモン剤等の薬剤が配合されていないために急に中止すると一時的な皮膚免疫の低下によって起こる場合があります(ぶり返し)。品質の良し、悪しに関わらず初めて皮膚に接する製品を敵、味方の区別が無く皮膚に接する多くの物質を攻撃してしてくる場合があります。

そのためには一定の時間が必要です。習慣性禁断症状を抑えるために薬理効果による仕切り直しが必要になる場合もあります。(その場合、医師の診断を受け指示に従ってください。)自分では気が付かない隠れたアレルギーをお持ちの方も多くなっています。

化学薬品に反応するのは軽度であり天然物に反応するほうが重度という不思議な現象が起こっています。ぜひ、自己チェックしてみてください。

頭皮や肌のトラブルについて

Q1.子供たちにシラミが発生しているって本当ですか?

A.プールの季節になると、時々ご相談頂くことがあります。お子様が一人で洗っている場合は、よく洗えているか大人が時々チェックすることが大切です。特に耳の後ろをチェックしてください。(ふけと間違いやすいので気が付きにくいです。)

刺激が少なく、洗浄能力があるシャンプーで毎日しっかり洗いましょう。石鹸、無添加製品、シャンプーハットなどは避けることをおすすめします。

シラミが発生した場合、理学美容では剥離作用、卵殻軟化作用がある酵素や柿渋による、ホームケアをご提案いたします。成長途上中で抵抗力が弱いお子様には、にできるだけ皮膚に優しく、安全な駆除方法で改善させてあげたいですね。

Q2.円形脱毛症ができてしまいました。なおりますか?

A.円毛脱毛症はストレスといわれていますが、今だ解明されていないです。遺伝、先天性、外傷、ホルモン系の疾患以外は原因があるはずだと思っています。プロスパー理学美容院での改善方法は清潔と悪化物質の中止です。

悪化物質とは化学物質の乱用、化学頭髪用化粧品、無添加製品、浴用剤入りのお湯での洗髪などを控えていただきます。プロスパー理学美容院では円形脱毛症のトラブルに遭遇してしまったお客様6人に対し、洗浄剤の見直しと悪化物質の中止を実地して頂いた結果6人全員が改善されました。

Q3.無添加製品(パラベンフリー)は良いものだと思っていたのですが?

A.無添加は製品の理想です。しかし防腐力を有する成分を配合しなければ製品は腐敗し製品の安全性は保たれません。また防腐力が弱いと、皮膚に対して大きな障害を与える可能性があります。美容院の場合薬液を使用するため美容事故につながる場合も考えられます。

毒性のない化学物質はあり得ません。防腐剤の中でパラベンは腐敗に対する高い静菌効果に加え、人間と共存する菌叢の破壊や耐性菌の発生がありません。人体に対して安心安全な成分です。

Q4.シミができてしまいました。なぜ化粧をしない男性のほうがシミが少ないのでしょうか?

A.男性は「美」の形成には無縁である男性ホルモンに支配されているにもかかわらず、なぜ女性よりシミが少ないのでしょうか?その秘密は男性は紫外線に対する防御能力に忠実に生きているからです。

本来であれば女性は自然治癒力に優れているため日常生活程度であればメラニン色素が長期に渡って皮膚に残留することはないです。女性は女性ホルモンという見方が付いているのでご安心ください。

女性は色黒やシミを心配するあまり日焼け止め剤やファンデーションを使用します。有益な紫外線が遮断され逆に悪性の紫外線を皮膚に侵入させます。よかれと思っていることでシミを形成させていたら残念です。

しかし考え方では、シミができたおかげで悪性の紫外線が遮断され皮下組織や器官を守る役割を果たしています。色素沈着は悪性の紫外線の防波堤です。保護能力と美は真逆な関係にあります。「防波堤ができて良かったね。」と褒めたたえても誰も喜びませんね。

じゃあどうしたらよいのでしょう。理学美容でのメンテナンスはプロテオグリカン(美しさを作る重要物質)を形成させることで色素沈着の改善と防御をご提案します。

Q5.顔も頭皮もいつもベタベタしています。どのようなもので洗ったらよいですか?

A.皮膚の汚れは多くの皮膚疾患の原因です。健康で若々しく美しい身体外観を保つためには皮膚を絶えず清潔に保つことです。

皮膚の汚れは「皮脂、老廃物、垢」で、この三つをすべて綺麗に洗えることが理想のシャンプーです。

プロスパー理学美容院では頭皮を清潔に保つことが一番の美しさだと思っています。洗浄力が強く刺激のない、皮膚に障害を持つ方専用の洗浄剤をおすすめいたします。頭皮がしっかり洗えていると、「ニキビが治ったよ。」とご報告も頂いております。

綺麗になるために何かを足す前に要らないものを引き算することが一番早い改善方法です。

Q6.子供がアトピーです。プロスパー理学美容院のアトピーに対する考え方を教えて下さい

A.美容と皮膚の関係は密接に関係しています。

アトピー性皮膚炎の症状をなおすことは医者の仕事であり、あくまでもアトピー性皮膚炎による赤ら顔、、色素沈着 角化などで皮膚が傷ついたところを美しくすることが理学美容師の仕事です。

化学物質の接触を避けるスキンケアと自然治癒力の強化ができるスキンケアをご提案するものです。美容の領域は美しくすることです。慢性的な皮膚炎の原因菌は母親の体質から受け継ぐ可能性があります。

母親がいつまでも健康で若々しい肌でいられることに幸せを感じるように、次の世代にも健康な皮膚でいられるよう伝えて言ってほしいです。そして多くの方にプロスパー理学美容院の取り組みに、ご理解を頂けるよう心から願っています。