ローディング中

2017/03/30

ヘアマニキュアは髪が痛まないって本当?ツヤツヤがボロボロに?

どうも!プロスパー理学美容院の遠藤です!

今回は髪の毛の色についてお話しさせて頂きます。

 

髪を染めるものには何種類もありますが、ヘアマニキュアってご存知ですか?

 

ヘアマニキュアは、色のバリエーションも豊富で、そのうえ髪がツルツルして痛まないんだよ、

という人が多いですが、それは本当かな?というのが今回のテーマです。

 

ヘアマニキュアにスポットをあててお話しさせて頂きます!

どんな色にしようかな~?って髪の毛のファッションについては気になるところでしょうが、

どうして髪に色が染まるんだろう?とたまには考えて見るのもいいと思いますよ!

 

では、さっそく始めていきましょう!

ヘアマニキュアを知るには、まずは色について改めて考えて見るのも良いことだと思います。

絵を書くとき 白い画用紙と、黒い画用紙だったら、どちらで絵を書きますか?

お絵かきや文字を書くときは白い紙を選ぶはずです。なぜ白い画用紙を選ぶ人が多いのでしょう?

だってせっかく書いた絵が 黒い画用紙じゃ見えないからです。よね?こんな感じです。

やはり、白い画用紙の方がはっきりしますよね。

 

どうしてこんな幼稚園児でもわかることを聞くのか?というと、

お絵かきするのは白い画用紙とクレヨンがあれば書けることを知っているのに、

なぜ髪が茶色に染まるのか、よくわからないという人が多いようです。

 

先日も、私よりもずっと優秀な会社員さんに聞かれました「なぜ髪が茶色になるのですか?」って?

 

コレ、口で説明するのはすごく難しいです。

 

優秀な会社員さんに、一生懸命に説明しても、

あまりご理解して頂けなかったので、リベンジを兼ねてブログに書いてみたいと思います。

 

美容ってビジュアルのことは、とても興味があるのですが、メカニズムの話は面白くないので途中であきちゃうんですよね。

 

ヘアカラーのメカニズムがわからないと、

どんなものを選んだらよいのかわからないと思うので、ここはぐっとこらえて読んでくださいね!

 

髪が痛まないといわれているヘアマニキュアなのに

「どうも私には合わないんですよね~」そんなお悩みの声も多く頂きます。

 

ヘアマニキュアやカラートリートメントは酸性のカラー剤なので痛まないと多くの方がおしゃっていますが

本当に髪は痛まないのかな?と疑問を抱いている人も中にはいらっしゃるかもしれませんね。

 

実は、私もその一人です。

ヘアマニキュアのことをご一緒に考えてみましょう。

1.ヘアマニキュアって何?

 

 

 

 

どこのスーパーでも、年齢確認なしで買えるヘアマニキュアです。

 

一番わかりやすくヘアマニキュアを説明すると、お家の外壁塗装と似ているのかな?

お家の外壁の塗装も、やっぱり下地が勝負だと思います。下地によって施工できる塗料って変わってくるはずです。

 

黒い壁に一生懸命ピンクに塗装しても、綺麗なピンクは出ませんね。

いいタイミングで塗装やさんとお話しする機会がありました。

 

塗装屋さんのお話しによると何度も重ね塗りすれば、

前の色がつぶせるよ、というお話しをうかがいました。なんども重ね塗り・・・かぁ?。

 

外壁の塗装は専門職ではありませんが、

髪の毛の塗装の話ならば美容師にお任せください!

 

ヘアマニキュアも下地が命だと断言します。

下地が白ければペンキを塗れば好きな色に染まります。

あれれ?お絵かきから、塗装の話に変わっちゃいましたが塗装ってみんな共通点がありますよね。

 

ヘアマニキュアはペンキみたいにペインティングだから、ベースが白い白髪の方が狙った色を出しやすいです。

 

普通のカラーだと髪が痛むからヘアマニキュアにする、っていう人も多いですが、

ペンキを髪に塗ったら、どのようなことが起こるのでしょうか?

まずは、どんなヘアカラーがあるのか、さらっとお話しさせて頂きます。

2.髪を染める方法は大きくわけて3つあります

 

 

 

 

まずは、髪を染めるためにはどんな方法があるのかお話しさせて頂きます。

 

1. 一時染毛剤 

ちょっとお出かけしたい時に、白髪が気になる時ってあるじゃ~ないですか?

一日だけ染めたい時、例えばカラースプレーで、一日だけピンクにしたり赤にしたり楽しむこともできますね。

 

 一日だけ、即席に髪を染めるカラーのことを一時染毛剤といいます。

髪の毛のファンデーションみたいなものですね。洗えば色は落とせます。

 

2.永久染毛剤(酸化染料)

忙しい現代人には最も身近でポピュラーなカラーが永久染毛剤です。

8割以上の人がこの方法で髪を染めています。シャンプーしても色が落ちないです。

 

色を長持ちさせたい方用のカラー剤です。塗ったところは、髪を切るまでずっと残っています。

 

これはペインティングというよりかは、化学反応で色を作っている、といった感じです。

 

髪の毛の色をきめているのがメラニンです。

メラニンを壊し(脱色)、そこへ染料を入れて染めています。

 

アルカリが強いので髪は痛みやすいです。

 

3.半永久染毛剤(酸性染毛剤)

髪の毛の表面の塗装です。ペンキで塗装しているイメージです。

 

色はすぐには落ちないけれど、

シャンプーするたびに少しづつ色落ちていくのが特徴です。だから半永久染毛剤と呼びます。

 

永久染毛剤はアルカリ性ですが半永久染毛剤は酸性です。酸性なら髪が痛みにくいと考える人も多いようです。

 

でも、酸性だろうが、アルカリだろうが、そんなことよりも、

原料が髪にどのように作用するのか、影響を考えたほうがいいです。

 

塗装が雨に何回も当たるとじわじわと、はがれていきますよね。

 

髪でいえばシャンプーで毎日髪を洗えば、塗料が落ちていくのと同じです。

半永久染毛剤というと、「なんじゃ、それ?」と思う人も多いと思いますが、

これがまさしく、じゃじゃじゃーん!!ヘアマニキュアです!

 

ヘアマニキュアとは、合成樹脂に、色を混ぜ込んだものを言います。

 

だから私はペンキと呼んでしまうのです。

樹脂だということを知っていましたか?

3.ヘアマニキュアの仕組みについて

 

 

 

 

わかりやすく言ってしまえば。ペンキの塗装みたいなものです。

 

一般のカラーでは鮮やかな原色は作れないですが、

ヘアマニキュアは色も豊富です。こういうビビットの色は、普通に染めても色が出ませんね。

 

 

 

 

 

 

ペンキのような要領で色を付けるのがヘアマニキュアです。色はいろいろありますね。

 

一般の方は、華やかすぎるのはちょっとな・・・

と思うので無難なブラウンや黒のマニキュアを塗っているということになりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗っている色が違うだけです。

 

爪のマニキュアも色のバリエーションが多いでしょ。あちらもネイルマニキュアと呼びます。

さてこの樹脂であるヘアマニキュアを髪に使うとどうなるのか?をお話ししたいと思います。

3-1.なぜ髪が青になったりピンクに染まるのでしょう?

はい。先ほどの画用紙を思い出してくださいね。

 

白い色には、発色が綺麗に出ますが、黒い髪には色は見えにくいです。

土台が白ければ白い方が色が目立つということになります。

 

黒髪の人が、青色にしたいというご要望があるとします。

時々街中を歩いていると見かけませんか?髪が紫の人とか?

黒髪に青という色を塗っても全然目立ちません。

 

髪を青くするには、黒髪を一度「白」というキャンパスを作らなければなりません。

そのためにすることは何か?というと黒髪を漂白します。

 

皆さんも聞いたことがあると思いますが、これがブリーチです。

誤って、ブリーチ剤をデニムにこぼしたら、あっという間に白く色が抜けちゃうじゃないですか?

 

それです。それそれ。

 

では黒髪にブリーチをこぼしてみましょう。

さて、どうなると思いますか?

 

黒髪がすぐに白になるか?というとそうではありません。

 

黒髪はメラニンという色素を持っているので、

メラニン色素を脱色すると、日本人の髪はオレンジになります。

髪って赤のメラニンが多いから、赤みが残ってしまうんですね。

 

ブリーチを経験した人なら、わかるんじゃないかな?

 

きれいなオレンジかというと、そうでもありません。

とてもそのままでは家には帰れないようなオレンジです。

 

たまに、その色でいいです、

っていう人もいますけど、普通は、家に帰れないと思いますよ?

 

評判を気にしない人はどうぞ!っていう色になります。。

 

一回, 二回、三回、四回・・・・

何度も脱色を繰り返して、髪を白に近い状態までメラニン色素を抜き続けます。

 

髪の傷みも絶大です。

 

・・・面白いんですよね~。

こんなに張り切ってブリ―チしてもなかなか白い色になってくれません。

 

白をきれいに表現できるのは、高度な技術が必要です。

 

美容の世界に「白」という色はないと思う瞬間です。

だから白髪はすごいんだと前向きに考えてもいいかもしれません(ちょっと、なぐさめてます)

 

ブリーチを繰り返しても、髪の色は薄いレモン色になります。

この黄ばみを取る色を少々かけると白っぽくなります。

 

何色をたしてあげると、白になると思いますか?

 

隠し味に使う色は、薄い青みががった紫色です。

青をたくさん入れすぎちゃうと、

真っ青になるかもしれないので気をつけてくださいね。

 

微妙なさじ加減が必要です。

 

5回も脱色したのに白になりきれない黄色のままで、青を塗ってしまったらどうなると思いますか?

 

残念ながら青にはなりません。どうしてだかわかりますか?

答えは

 

黄+青=緑だからです。

 

希望が青なのに緑の髪の色になってしまっては、

お客さん怒りの頂点に達します。痛むことより、

希望の色の方が興味がある人の方が多いです。

 

トイレの洗剤は気が付くとブルーがかった紫が多いでしょ。

 

なぜトイレの洗剤は、ブルーがかった紫なのかというと、黄ばみを消す色なんですよね。

 

粉の洗剤なんかにも時々プチプチ青い粉が混ざっていたりするのを見かけたことはありませんか?

 

今はないのかな~?昔はよく見ました。

 

紫ブルーは、黄ばみを取る色です。手品みたいですね。

色を作るのは美術の世界です。中学校の美術で習った、色相環は大活躍です。

 

 

学校の勉強は大人になっても、使えますね~!感謝!感謝!

 

では、逆のバージョンを考えてみましょう。

今度は金髪の髪を黒髪に戻してみましょう。

もし自分で黒髪に戻そうとしたらどういう行動を起こすのか考えてみてください。

 

おそらく、スーパーや薬局へGO!カラー剤を買いに行くと思います。

 

「どの色にしようかな~っ」て考えて、

「そうだ!真っ黒は嫌だからアッシュブラウンにしよう!」

アッシュという言葉はなぜだかおしゃれ感をかもし出す言葉です。

 

アッシュというのは赤系を消す色のことを言います。

外人さんの髪の色に憧れるから、赤みを消した色が流行しました。

 

美容界ではアッシュという言葉は灰色を指します。でも灰色にはなかなかならないです。。

 

お家に帰ってさっそく髪を染めましょう。。

金髪にアッシュ(寒色系)の色を塗ってしまうとどうなると思いますか?

 

やはり、黄色+青系(アッシュ)の色なので、緑になりやすいです。

 

しかも金髪にした時にかなり、髪はダメージを受けているので、

選ぶ塗料を失敗すると汚い「苔色」になる場合があるから気をつけてくださいね。

 

ちゃんと計算して、色は作られていきます。ただ単に暗く塗ればいいというわけはないんですよ。

 

金髪から色味をダウンさせるときは、やはり赤がキーワードです。赤系は隠し味なんですよね~!

 

ちょっと覚えておくといいかもしれませんね。

 

金髪を黒髪に戻す時って黒色をいきなり塗ると、

失敗する場合があるので、本当に気をつけたほうがいいですよ。

 

最近は、金髪から黒にもどす専用のカラー剤とかも売っているようです。

ちゃんと赤味を加えたカラーにしてくれているのだと思います。

 

いや~考え見ると、髪の毛っていろいろなものをくっつけてますから、

ゴウヤチャンプルになっていますね。お料理がしにくいです。

 

いくら料理の達人といえども、素材が悪ければおいしい料理はできません。

素材は大事!あなたの髪は、ピチピチといきがいいですか?

 

シャンプー1つを取ってみても、

あっちにコロコロ、こっちにコロコロ、

コロコロコロコロ転がってその先はどこへ向かうのでしょうか?

 

3-2.市販で売っているカラー剤でも上手く塗れるわけ

「カラーなんて簡単よ」と言ってご自分で髪を染める方も多いです。

 

後ろの方は見えないのに、どうしてきれいに染まってしまうのか不思議ではありませんか?

 

みると確かに根元から毛先まで均一に染まっています。

 

本当だったら、素人さんが自分の髪を染めた場合、絶対にムラムラになるはずです。

だって毛先と根元の体温が違うし、根元と毛先のダメージ度が全然違うからです。

 

ちなみに頭皮近くは、

体温があるので染まりやすいですよ。

 

温度が高くなると、色の染まりは促進します

これも豆知識で覚えておくといいかもしれません。

 

ましてや、後ろなんか見えないから、

感覚で塗っていても、均一に染まってしまうなんてやっぱりマジックです。

・・・・いれてますね。あれを。きゃ。(心の声)

かりに、普通のカラーの液に、マニキュアタイプの染料をいれれば、

根元から毛先まで素人さんでもむらなく均一に染めることができます。

 

何度も言ってしまうけど、

塗料だから色むらが少なくてすんでいるのです。きれいに染まればそりゃ~満足度が上がります。

 

白髪は画用紙のようにメラニン色素がないから、

メラニンを計算しなくても、ペンキなら希望の色を表現することができます。

 

さて、ここからが本題です。

本当にヘアマニキュアは痛まないのかどうなのか?が今回のメインテーマです。

4.ヘアマニキュアの問題点

 

 

ヘアマニキュアは合成樹脂に染料を入れたカラー剤です。

 

髪がツルツルするのは合成樹脂だからです。

樹脂というと何かを思い浮かびませんか?

 

そうです。シリコン樹脂です。

 

 合言葉は「ツルツル」です。

 

シリコンが、いいだ悪いだと騒がしくなっていますが、

シリコンはシャンプーだけに入っているわけではありません。

 

シリコンは、洗えば落ちるから大丈夫!

な~んて話も小耳にはさみますが、

言いも悪いも、シリコンはシリコンには変わりはありません。

 

シリコン一つを仲間外れにしているようですね。仲間外れはいけませんよ!

 

長年いろいろなことを見てきていますが、

どうやら代替品の方が、めんどくさいようですけどね。

 

シリコンという四文字だけに振り回されないでほしいものです。

 

人間は発明家だということもお忘れにならないでくださいね。いろいろな物を発明できる達人です!

 

では合成の樹脂が髪についた場合どうなるのかをお話しさせて頂きます。

4-1.ヘアマニキュアはの原料はHC色素という合成樹脂

染色効果を高めるために、

今まではパラフェニレンジアミン(ジアミン)やピクラミン酸という薬品を配合して染まりを良くしていました。

 

よく染まるとお客様の満足度を獲得することができるからです。

 

お客様が求めていることを叶えてくれているのですが、やはり無理はつきものです。

 

これらは体にとってよろしくないものだ、

ということが一般的に言われるようになってきました。

 

混合するものによっては、法律では使用禁止になっています。

 

植物染めのヘナは染まりにくいので、

ジアミンや、ピクラミン酸と言った、

染色効果を高める薬を入れている場合がありましたが、法律ではNGです。

 

こうなってくると、ヘナというのは植物なので想像以上に染まりにくいです。

 

そこで、染色促進効果のある薬に変わって、

生まれたのがペンキのような合成樹脂剤です。

 

これをHC色素といいます。

2001年化粧品規制緩和があり、

新しい染料の配合が可能になりました。

 

HC色素は合成樹脂の被膜剤です。

 

これがマニキュアです。

 

なぜ生まれたのかといえば、理由は簡単です。髪が染まりやすくするためです。

 

最近は、シャンプーの影響で染まりにくい人もいますけどね。。

 

樹脂を弾く髪ってどうなってしまったのでしょうか?

表面だけに色がついていると思っている人が多いですが、条件が揃えばじゃんじゃん髪の内臓に侵入していきます。

 

例えば髪を洗った水なんかでも髪は膨潤し、

キューティクルが開き、髪の内臓に入り込みます。

 

そして樹脂だから、かちかちに固まります。

 

細い髪の毛一本の中に、樹脂が固まっているんですよ~!

固まることに問題はすでにおきています。

 

ここが盲点ですね。

 

なぜ固まってはいけないのでしょうか?

 

HC色素は確かに発がん性やアレルギー

という面から考えれば、ジアミンよりもその心配が少ないと言われています。

 

皮膚科でも皮膚が弱い方にはHC染料を使用したカラーを紹介いているみたいなので、

ドクターが進めてくれれば、さらに安心のイメージがいつからか付いているようです。

 

皮膚病になっているのに、先生に白髪が・・・とご相談する患者さんも患者さんですが・・・

 

たった一度だけ染めたHC染料で、大変なことになってしまった、お客様を見てきました。

 

とほほほ・・・

後の処理が大変でしたよ。

勘弁して~と泣きそうになりました。

 

HC染料を反復使用している人は一体どうなるのでしょう?

いや~これはとれません。 セメダインみたいにくっついてますから。

 

私も修行時代は、マニキュアをお客様にさせて頂いてましたから状態をよく見ています。

 

塗った時はツルツルなのですが、

一か月後にお会いすると、樹脂がところどころ剥がれたせいか、艶感がなくなっていました。

 

爪のマニキュアもはがれたら醜いでしょ?同じ!同じ!

 

この繰り返しなので、

ご自分では痛んでいることに全く気が付かないですね。つやつやに満足しています。

 

自分は、マニキュアを使っていない、といっても知らずに配合されている場合も考えられます。

 

植物染めは本来とっても染まりにくいものですが、

植物染めとは思えないほどよく染まっています。

 

入ってますね。ボソっ。魔法の薬が

・・・・・・・・・・・・入っている?

 

マニキュアは痛んでボロボロの髪でも

ツルツルに見せることができます。

 

ニスを塗ればつやつやになりますよね。そんな感じ!

 

ニスを塗った木材が好きな人もいれば、

ニスを塗らない素朴な木材が好きな人もいますから、好みです。

 

しかし、トラブルが起きたとしたら、

好きだけではすまされません。(本人が気にならないなら、それでいいのですが。)

 

大きな問題点は2つあります。

 

一つは、髪が疎水性になること。

二つ目はくせ毛になることです。

 

では、疎水性の髪についてお話しさせて頂きます。

 

4-2.ヘアマニキュアは水を弾く性質の髪になる?

疎水性とは水に溶けない性質の髪のことをいいます。

水を嫌う

水を弾く

水と混ざりにくい

水が凶器

水で髪が痛む

水を嫌うから美容の技術効率が悪くなる

 

こんな髪質に知らず知らずのうちになっているのです。

 

例えれば、レインコートです。

レインコート状態の髪になってしまうと、

栄養が髪に浸透しなくなります。

 

それもそうですが、せっかく安全な薬液を使おうとしても、浸透できないじゃないですか。

 

レインコートに色を付けたくても弾きとばされて、

結局、どんどん強いパーマ液やカラー剤を使わなければならなくなるのは当然です。

 

美容の技術効率が、本当に悪くなるのは言うまでもありません。もう、いたちごっこの世界ですね。

 

本当の純毛の髪は水にも油にも馴染む性質です。純毛の髪の人を見たことがありません。

なのに、原始的な湯だけで洗っている人がいるなんて、ちぐはぐな世の中です。

4-3.ヘアマニキュアは髪がこちこちに固まる

マニキュアは色落ちが速いですが、

樹脂は貯金のようにたまる一方です。

貯金なら嬉しいですが、樹脂のような異物は髪に貯める必要がないものです。

 

一度髪に付けたら、なっかなか固まった樹脂は落とすことはできません!!

 

「 大丈夫!私はマニキュアしていませんよ~。遠藤さんなんか、大っ嫌い! あっかんべぇ~」

 

といっている皆さん。本当に使っていませんか?

 

何度もくりかえしますが、

昆布や草では髪は染まりませんよ。

ご自分で実験してみればよいと思います。

 

昆布エキスをしぼって白髪を染めてみてください

昆布で髪が染まるなんて長年美容師していますが、

聞いたことないなあ~。というか染まるんだったら、とっくに美容師はやってますよ。

 

「 草で髪を染めてまーす。」

えっ?草で白髪が染まるんですか?

逆になんで染まるのか質問したいです!

 

お散歩のついでに草を摘んできて

煮出したエキスをしぼって白髪染めしてみてくださいな。

 

草のエキスだけで白髪が染まったら、

あなたはパンパカパーン!ノーベル賞です!!

 

染まらないから、染めるようにするための知恵が次からつぎへと開発され、その中の一つがHC色素、つまりマニキュアです。

 

色のつきが良ければよいほど樹脂は髪の内部に入り込みます。

 

HC色素、つまりへマニキュアは、

普通のカラーだと起こる確率が高い

アレルギー物質の含有量を減らすためにも開発された染料です。(ちょっと、隙間を埋めている感じがします。)

 

自分の髪がどのような状態になっているのか実は誰も気が付いていません。

 

是非ともいちどご相談頂ければと思います。

4-4.つむじがパカッ、分け目もパックリ

症状としては、こんなことで悩んでいる人はいらっしゃいませんか?

 

ヘアマニキュアで起こっている症状は、

分け目が入って、右分けが左分けにならないとか?

 

これはですね、毛髪が根元で折れ曲がっているからです。

そして分け目の入る箇所から、プッツンプッツンと切れていくのです。あ~こわ!

4-5.ヘアマニキュアでくせ毛になる?

日本人は直毛の民族なのに、

くせ毛の人口が増えてきたのも

合成樹脂のしわざです。

 

樹脂にドライヤーで熱をかけてみてくださいよ。

樹脂は例えればビニール袋だとしましょう。

 

ビニールに熱をかけ続けると、しわしわになるじゃないですか?

これ、もとのつるつるのビニール袋にもどせって、あなた?できますか?

 

髪にビニールを塗っていたら

熱の影響でちりつきや縮れ毛になってあったりまえですよ~ん。

 

樹脂に熱を加えるから、うねりやちりつきになって毎朝セットがたいへんで、

またガンガンドライヤーやアイロで熱加えちゃって。。。あ~あ~あ~ ちーん!

 

ちなみに他人事のようにこのブログを読んでいただいている男性の方も同じです。

 

シャンプーの影響で、つむじや、分け目に割れ目ができて、

そうして。。。手遅れにならなうちに気が付いてほしいです。

 

お大事になさってください。

 

話をもとに戻します。

 

コーティング剤が蓄積されそこに熱を加えれば、

ちりつきやうねりのスピード感はどんどん加速します。

 

それがいい方はどうぞ!おしゃれは自由です!!

 

まっ、これ繰り返していたら髪、切れちゃいますよ。

気が付いたときには、私の話を思い出してくださいませ。

 

テレビの話しか信じないあなたが悪い!言葉が悪いのは生まれつき~♪

芸術は目で楽しむものですが、時には化学で楽しんでみましょうね

 

じゃ、白髪、どうしてくれるのよ~」というお話しになります。

 

発がん性物質、アレルギー物質だと言われている、ジアミン、ピクラミン酸、そして合成樹脂であるHC色素を使わないで白髪が染まれば苦労はしません。

 

世の中の学者は美しい女性のことを考えて、

より良いものをと、頭を抱えて研究しているのです。

 

化学薬品を使用しないで白髪を染めながら、

白髪を増やさない方法を考えてみましょう。

5.毒性のある化学物質を使わないで、白髪を改善する方法

 

 

 

自然の物では髪は絶対に染まりにくいです!

 

一度で染めようとするから化学薬品をいれてしまうのです。

作る側は消費者の声に、ただお答えしているだけです。

 

なので、考え方をリセットしましょう。

皆さんで声を出して一緒に言いましょう。はい。

 

 「自然の物ではしらがは染まりにくい~」

 

はい。良くできました。

 

天然成分で染めるためには、

何度も手間暇をかけなくては染まりません。

 

それは自然界のおきてです。

 

頭皮をケアもしてもいないのに若返る頭皮になる訳がありません。

 

その時のケアは、

個人個人美容の履歴書が違うので、

個別にご指導が必要です。

 

髪の原料ってなんだか知っていますか?

 

究極に言えば髪も顔料です。鉄や銅などが含まれています。

なので、人間が本来持っているもので髪を黒くしていきましょう。

 

鉄や銅は、髪の色を作るメラニンの原料になります。

 

メラニンの原料をどんどん送り込めば、

白髪が黒くなるかもしれないという、今までにない朗報です!

 

身体(毛髪・頭皮)に同化するものを与え、

どんどん若返ってもらおうじゃないか、という取り組みです。

 

例えば、ヘマテインという天然の染料があります。

 

ぜひ、井戸端会議に登場させてください!

ヘマテインというのはマメ科の植物です。昔から使われていた天然染料です。

 

そして更にこれらの天然染料をシクプロテイン(絹たんぱく)のカプセルの中に入れています。

 

シルクプロテインのカプセルに入れるのは理由があります。

シルクプロテインはたんぱく質です。

 

たんぱく質は、皮膚からの吸収が良いという原理を利用します。染料が染まりやすくなるのです。

 

植物は染める過程で染料を定着させなければ色は発色しません。

それを媒染といいます。天然染料の多くは「媒染」が必ず必要です。

 

マニキュアやヘナでも痛みを感じて困っていらっしゃる方が現にいらっしゃいます。

 

今までの美容が間違いではなかったら、こんなことにはならなかったはず?

 

間違いを一つずつ紐解いていけば、

必ず良い方法が見えてきます。

 

私はカラフルな色をすて、

日本人が黒髪を作る能力を最大限に

引き出す取り組みをさせて頂いております。

まとめ

ヘアマニキュアは酸性カラーといわれ、

髪が痛まないという人が多いです。

 

確かに、発がん性物質や、アレルギー物質などの薬剤を使うよりは安全なのかもしれません。

 

それらの薬品を使わないで髪が染めることができたら理想です。

 

そこで生まれたのがヘアマニキュアです。

ヘアマニキュアは合成樹脂と染料を混ぜて色を作られています

 

合成樹脂は髪がツルツルするので健康な髪にみえるので、嬉しいという人もいます。

 

その感触がお好きな人はそれでいいと思います。

しかし樹脂は固まります。固まると髪に支障が生まれます。

 

くせ毛をなおしたい人は、なおさら合成樹脂は止められた方が良いですね。

 

なぜなら樹脂にドライヤーなどを毎日かけると髪は縮れていきます。

ビニールの袋に永遠と熱をかけてみてください。縮れてもとには戻りません。

 

また、合成樹脂は髪の表面にだけついているわけではありません。

 

髪を洗うたびにキューティクルは開きます。

扉が開いたら、じゃんじゃん毛髪内の間充物質というところに蓄積されていきます。

 

と、どうなるかというと、内部で樹脂は固まるし疎水性という毛髪になります。

 

シャンプーさせて頂いているとわかります。

水と馴染まない髪になっているから、水玉模様の髪の人が本当に多いです。

 

水を弾く性質の髪になってしまうと根元で髪が折れ曲がり、

つむじがパカッとわれて、ボリュームのない髪になる可能性があります。

 

水も油も嫌う性質の髪になってしまうので、

髪に栄養も与えられず、細くやせてプッツン、プッツンと切れる可能性はあります。

 

そして、技術効率が悪くなる髪質になるので、おしゃれの選択技も少なくなります。

 

個人的には、絶対に合成樹脂の染料はおすすめしないです。

 

では、どうしたらよいのか?考えてみましょう。

 

髪は銅や鉄などがもともと含有しています。

もともと含有されているものを使い白髪を改善していきます。

 

なぜ白髪が改善できるのかというと、

銅や鉄はメラニン色素を作る原料だからです。

 

マメ科の植物など民間療法として昔活躍していた染色の技術を組み込んでいきます。

 

手遅れにならないうちに、

水玉模様の髪の毛の人は何とかしたほうがよいですね。

 

女性は親が教育しなくても「きれいになりたい」

という本能を生まれながら持っているので、

「それ毒だよ」と言ってみても通用しないものです。

 

お好きなおしゃれをたくさんしてください。

 

しかし、くせ毛で困っているだとか、

髪のボリュームがなくなってきたとか、頭皮が痒いだとかお悩みがでた時の相談の窓口になっています。

 

さあ、最後にみなさん。ご一緒に唱えましょう。

 

「自然のものでは白髪はなかなか染まらない」 …怪しい呪文で話を結びたいと思います。

 

髪染めの意識革命を

しようじゃ~あ、

ありませんか!!

では、またごきげんよう!

Comments

  1. 遠藤 由美 より:

    渡辺様 

    ブログをお読み頂きありがとうございます。
    >>「ペンキじゃん!と思いましたが・・・」
    ペンキみたいだと感じただけでも素晴らしいと思います。
    >>別の方法考えます!
    良い方法が見つかるといいです(^^)

  2. 遠藤 由美 より:

    渡辺様。こんにちは。
    頭皮・頭髪にトラブルを感じる方へ、何かのお役に立てれば幸いです。
    「おかしいな?」と気づくことからが始まりかもしれませんね。
    ブログをお読み頂きありがとうございます。

  3. 渡辺 より:

    遠藤さん、こんにちは
    昨日始めてヘアマニキュアしました
    いつもヘナを自分や子供に手伝ってもらってぬっていたのですが、面倒になってきて美容院へ。カラーは髪が痛むから敬遠していたら、髪に負担がかからないヘアマニキュアを勧められて試すことに…。
    薬剤が髪に付けられた瞬間、何これ!ペンキじゃん!と思いましたが、そのまま我慢すること一時間。白髪は見えなくなりましたが、臭いが薬品臭く、頭皮もピリピリする感じがして、これはおかしいと思い、調べたらこちらのサイトへ。
    髪に優しいどころじゃないですね。
    ものすごく後悔しています。頭皮から体全体への薬品の浸透も懸念。
    次からはもうしません!が、しばらくはこのまま付き合うしかないかな。早く落としたい。
    白髪はどうしても気になるので、別の方法考えます!ためになる記事を本当にありがとうございました‼️m(_ _)m

Leave a Comment

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

弊社へのお問合せは
お電話または専用フォームから
お問い合わせ
RETURN TOP