Pocket

どうも!プロスパー理学美容院の遠藤です!

たかが石鹸、されど石鹸!今回は石鹸にスポットを当ててお話しさせて頂きます。

石鹸自体は、毒性や刺激性が少なく、今ある中では最もナチュラルな洗浄剤といえます。

しかしアトピー性皮膚炎などの皮膚に障害を持たれた方は、石鹸が悪化物質に変わる場合があります。

「えっ?」何で石鹸がいけないの?と不思議に思われている方も多いと思います。

今回は、なぜ肌の弱い方は、石鹸を中止しなければならないのか?というお話しをさせて頂きたいと思います。

最近は化粧品の成分に、目を向ける人が増えてきたけれど、難しいカタカナばかりの文字で解読できないですよね。

石鹸は昔からあるものだから、「安全なんだ!」って誰も疑うことはないと思います。少し角度を変えて考えて見ると、最古の化学物質とも言えるかもしれません?そんな深いところまで踏み込んで石鹸についてお話しさせて頂きます。

肌の丈夫な人にはわからないと思いますが、石鹸で洗うと、「乾燥しちゃうんだよね」、と悩まれている方って結構いらっしゃるんですよ!

石鹸は肌が乾燥するから使えないので、石鹸をつかわないでお湯だけで流されている人も現にいらっしゃいます。

石鹸を使わないじゃなくて、使えないのです。

安全だといわれる石鹸ですが、使えない人もいるというのは果たして石鹸は本当に安全なのでしょうか?今回は石鹸の謎に迫ってみたいと思います。

もちろん、どんな石鹸を使おうが、石鹸を使わないで過ごそうが、もちろん個人の自由意志だということを前提でお話しさせて頂きます。

皮膚のトラブルでお悩みの方は、なかなかご自分に合う石鹸に出会えないので、このブログにたどり着いてくれたのではないのかな?と思います。

石鹸選びでお悩みの方は、ぜひ参考の一つとして読んでくださるとうれしいです!

では、さっそく始めていきましょう

1.石鹸は肌を乾燥させます?!石鹸は安全という思い込みはありませんか?

石鹸を使うと皮膚が乾燥しちゃうから何も使わず、ただお湯で流すだけという方に対して、皮膚の改善方法の一つとしてお話しさせて頂きます

特にアトピ-性皮膚炎やご年配者様の、乾燥した肌にはどのようなもので洗えばよいのか?悩まれている方は多いはずです。

病院へ行くとおおよそ、無添加石鹸をすすめられますね。お薬も頂けるので、皮膚病は一時良くなるはずです。

しかし根治改善をしたわけではないので、いつまでも薬は手放せなくなっているようです。

介護施設でお風呂介助されている方にご質問を頂くのは、ほとんどのご年配者様の皮膚が乾燥していて、石鹸を使うとさらにカピカピになってしまうんですよね。

とおっしゃられていました。

誰でも平等に年は取りますから、老化による乾燥肌は誰にでも起きる確率は高いです。

でも、考え方や、お手入れを少しだけ変えるだけで、お年を取られても乾燥肌を避けられる方法はあります。

今大丈夫でも、先のことは誰にもわかりません。ぜひ身体を洗うという何気ないことでも、ご興味を持って頂きたいと思います。

当たり前になりすぎていることって意外と気が付きにくいし、勘違いしていることもあります。

例えば石鹸、特に無添加は皮膚が乾燥している方には、絶対にお勧めしません。

無添加の石鹸は体に優しいと思ってらっしゃる方が多い中、このような発言は勇気が必要です。理由は無添加製品の問題点を見てくださいね。無添加の意味とは?|無添加製品って本当に安全ですか?

無添加はベビー用とも関係があります。ベビー用の石鹸については後ほどお話しさせて頂きます。

石鹸で身体を洗うと乾燥は更に進み悪化するからと、お湯だけで流すこともおすすめしません。

何かよい方法を見つけて洗わなければ、不潔(細菌感染症)による他のトラブルの引き金になります。

お年を取れば加齢臭はきつくなるだろうし、健康上よろしくないですね。あぶらや老廃物は生きていれば、だれでも出ますから清潔にすることは、健康維持には欠くことができません。

体や頭皮から出るたんぱく質やアミノ酸はお湯では絶対に落ちません。

あぶらでギトギトのお鍋を、お湯だけで洗ってもスッキリ洗えないのと同じです。老廃物の蓄積は健康と深い関係があります。

お湯だけで洗う?少しおかしな考え方に賛同している人が多いように思います。

年を取ればそれでなくても角質が厚くなってくるのに、不潔になると、皮膚が甲羅のようにどんどんが厚くなり醜くなります。

年を取っても、女性はいつまでも美しくありたいと思うことが本能ですし、男性だって痒いのはお辛いと思います。

仕事をしていると、色々な情報は入りやすいもので、最近は痒みによく効く薬もあるそうですが、強力に効く薬ほど、後々、逆に肌が醜くくなる場合も、ないとは限りません。薬は耐性されるので、どんどん強い薬じゃないと効かなくなる可能性だってあります。

できる限り、肌の健康は薬に頼らないでスキンケアで良くなってほしいと願います。薬には綺麗にするという義務はないからです。

学校でも石鹸で丁寧に洗いましょう、と何度も言われてきましたから、洗うことはイコール石鹸と頭の中に組み込まれています。なかなか組み込まれた常識を変えることは難しいです。

それにめったなことがない限り、石鹸で害を及ぼすこともありませんからね。

勘違いしないでくださいね。何も不潔にするのがテーマではないです。

手洗い、うがいは基本的生活習慣です。清潔にするのが今回のテーマです。石鹸だけではきれいに落ちないかもよ、というお話しです。

小さな石鹸ですが実は一言では話せないくらい奥が深いです。

では、石鹸はいつからあるの?というお話しから進めていきましょう。

2.石鹸はいつから使うようになったのかな?

人間が火を使う頃、石鹸は発見されたと、文献には記されています。

獣肉を焼いて食べる頃ですね。獣肉を焼いていた際に肉からしたたり落ちるあぶらと、木の灰が混じった土が汚れを落とせるものだということに気が付いたのが、石鹸の始まりと言われています。

あぶらと、木の灰が混じりあったことで、アルカリの土が出来上がったのですね

ここで気が付くのは、アルカリ性は汚れをよく落とすことができる!ということです。

人間の身体は、新陳代謝を行っているので、体から皮脂、老廃物、アカがでます。この3つの汚れを取り除かない限り、清潔になったとは言えないです。

この3つの汚れは、そう簡単には綺麗に落ちません。だからアルカリが強い方が汚れが落ちやすいのです。

しかしアルカリが強いと、肌を傷めてしまいまうことも知る必要はあります。

一般的に汚れを落とすことが目的の石鹸はアルカリ性です。では、なぜ石鹸はアルカリ性を作ることができるのか、お話しさせて頂きます。

手作りで石鹸を作ったことがある人は、もうお分かりになられているのではないでしょうか?

う・・・ん?ひょっとしたら、作り方はわかっていても、石鹸の構造まではわかっていない人もいらっしゃるかもしれませんね。

石鹸を作るには、水酸化ナトリウムが必要です。苛性ソーダとも言いますね。この水酸化ナトリウムの性質はご存知ですか?水酸化ナトリウムは強いアルカリ性です。

水酸化ナトリウムは石鹸を作る上でのお助け隊みたいな役割があります。石鹸がアルカリと手を組んで落ちにくい汚れを落とします。

だから石鹸を作る上で水酸化ナトリウムは友達になっていなければならない深い関係にあります。

それでは水酸化ナトリウムについてもう少しお話しさせて頂きます。

3.石鹸が乾燥肌の原因を作る!石鹸のことをもっと知ろう!

石鹸の弱点を知ることが、安全な石鹸に生まれ変わることができます。ですので石鹸のことを一つずつ紐解いていきましょう。

3-1.手作り石鹸をする時は、完全防備が必要

町内会などの回覧板にふと目が留まりました。「地球に優しい手作り石けんを作りましょう」という文字が書かれてありました。

記事に目を通すと。次のような持ち物が書かれてありました。

・エプロン

・ゴム手袋

・マスク

・メガネ(サングラス、ゴーグル)

・できるだけお肌が出ない洋服(特に腕まわり)

ここで何か気が付きませんか?気が付いた方は、勘が良い人です。

持ち物は身を装備するものばかりです。ということは身を守りながら石鹸はつくるんだ!と気が付きますよね?

石鹸は水酸化ナトリウムが必要です。さて、素人さんが水酸化ナトリウムを手に入れるためには どこへ行ってお買い求めいただくのでしょうか?

「薬局」と答えた方は、ピンポーン!大当たりです!!

購入するとき、「くださいな」、だけではなく、署名が必要なことはご存知ですか?

サインしなければ手に入らない化学薬品ですから、手作り石鹸は安心だ、と簡単に考えてはいけませんね。

石鹸を作る技術だけのことを考えれば、お子様でも簡単にできる作業です。お子様の夏休みの宿題に石鹸を作ろうという方もいらっしゃるかもしれませんね。

もし作られるのであれば、お子様にも完全防備をして、大人は絶対に子供から目を放さないようにしないと危険かもしれません。

劇物指定の水酸化ナトリウムについてもう少し詳しくお話しさせて頂きたいと思います。

3-2.手作り石鹸の落とし穴

石鹸を作る過程で、くどいようですが水酸化ナトリウムは必ず使います。じゃあ、水酸化ナトリウムを使わないでできないものか?と普通人間は思いますよね。

探せばあると思います。アミノ酸系石鹸というものがありますが、肌には優しいかもしれませんが、清潔にするという、石鹸の第一目的が果たされないかもしれません。

きれいに洗えていないと、別の皮膚トラブルにつながります。

劇物に指定されない「オルトケイ酸ナトリウム」という薬品にたどり着きました。調べて見ましたが、これは私にはよく分かりませんでした。劇薬指定にされないという部分のメリットはありそうです。

従来、石鹸の製法は水酸化ナトリウムが、いまでも一般的に使用されています。

石鹸を作るために用意するものに、なぜ完全防備のメガネ、マスク、肌が出ない洋服が必要なのかをお話しさせて頂きます。

3-2-1.手作り石鹸でメガネが必要なわけ

水酸化ナトリウムを、間違えて目に入ったら失明するほど危険だからです。一滴入っただけでも危険です。目に入ったら危険だとわかっているから、石鹸作りにメガネが絶対に必要な理由です。

3-2-2.手作り石鹸で.マスクが必要なわけ

消化器の粘膜や深部まで入り込むと危険です。のどが痛くなり最悪呼吸困難になる恐れがありますから取り扱いは慎重に行わなければなりません。

吸引は目には見えないだけに気をつけられることをおすすめします。

3-2-3.手作り石鹸で、肌が出ない洋服が必要なわけ

水酸化ナトリウムは、水と接すると発熱する性質があることから、火傷の危険性がありますね。たんぱく質をとかす性質があということはすでにご存知の方も多いと思います。皮膚はたんぱく質ですから、皮膚を溶かします。結論は肌荒れやかぶれの原因です。

さて皮膚についたり、目に入ったりすると危険な水酸化ナトリウムです。購入するときは薬局にいき、サインすれば簡単に手に入ることもできます。

それでは石鹸作りを楽しまれた後、水酸化ナトリウムがあまってしまったらどうしますか?排水管から流したりはしていませんよね?

3-2-4.手作り石鹸で使った水酸化ナトリウムの処理はどうしていますか?

濃度を薄めないで排水管から流しては危険です!!それは法律上でも規制があったと記憶しています。

一言に濃度を薄めるといっても素人の範囲ではできないです。廃棄処理は専門家の支持に従ってくださいね。

石鹸を作った後、水酸化ナトリウムが家に置いてあり、万が一子供が口にしたら大変だと、大騒ぎしている人にお会いしたことがあります。処分方法で大変悩まれていました。

購入した薬局でも、市民の味方お役所に相談したとしても、なかなか快く引き取ってはくれないかもしれません。

あまった水酸化ナトリウムは、お風呂場やキッチンが綺麗になって重宝だという方もいらっしゃいますが、化学薬品は生分解されないため、ひょっとしたら、巡ってキッチンの水道から再会なんてことがないことを願います。

物事は全てが連鎖しています。

水酸化ナトリウムは十分な管理ときちんと中和処理をすることは常識です。

日本薬事法では、水酸化ナトリウムは劇物に指定しています。水酸化ナトリウムは、酸10 %以下、アルカリ5%以下で劇物の指定からは除外されると書いてありました。

では石鹸はどのくらい配合されていると思いますか?

ほとんどの石鹸の水酸化ナトリウムの含有量は約15~20%くらいは配合されています。

買うのは簡単、でも処分が大変ということは、エコのはずがエゴになっていたら大変です。

石鹸作りは素人判断では作れないほど難しいことだということは、頭の隅っこに置いほしいですね。

石鹸のことが少しずつわかってきました。

石鹸を使用して何もトラブルがない方は、もちろん何をお使いになられてもいいのです。

このように石鹸の構造から考えて見た時に、皮膚にトラブルがあるのに石鹸でごしごし洗ってはどう考えてみても、刺激になり肌は乾燥するかもね、というお話しです。。

では、肌の乾燥する方へご参考までに、人体と石鹸の相性についてお話ししていきます

3-3.石鹸の香りの安全性

石鹸はいろんなものを混ぜ込む場合もあります。混ぜ込むものの一つに香りがあります。

本来石鹸を作る過程でワセリンが必ずできます。ワセリンって何でしょう?

ワセリンは、水と油を乳化させるものです。混ざりにくい水と油を、溶け込ませてくれるものを言います。

ワセリンはどうしても匂いが出ます。これは不可抗力なので、匂いを消すために香料が必要です。

石鹸をタンスにいれると石鹸の香りが付きますよね。衣類に匂いが付くだけの香料が入っているということになります。

原油の匂いというのは必ずあるので、無香料という香料がひょっとしたらあるのかもしれませんね?

また天然物になればなるほど腐りやすいです。天然物が腐敗することも不可抗力です。植物で殺菌,芳香という考えもありますが、植物はいつかは必ず腐ります。

女性の楽しみである匂いを否定してしまっては、大変な事態になりそうなのでここらへんで止めておきましょう。苦笑

石鹸で赤ちゃんの皮膚を洗った場合、きわめて高い確率で「あせも」や「おむつかぶれ」等の皮膚炎を発生させる可能性があります。その理由をお話ししたいと思います。

3-4.無添加石鹸は肌を乾燥させるだけではなく「あせも」「おむつぶれ」の原因かも?

カンジタ菌の大好物は石鹸成分です。不潔になりやすいところや、すれるところに住み家を作り、なかなか出ていってはくれません。

すれるところと言えば、わきの下や、赤ちゃんのおむつです。通気性が悪いという好条件が加わるとなかなか手ごわくて改善しにくいです。

優秀な多くのメーカーさんは、このメカニズムはよくご存知かと思います?

カンジタ菌によるトラブルを起こさせないために、石鹸に抗炎症剤や消炎効果を有するものを配合していたとしたらどうでしょう?

もし、ベビ―用の石鹸に抗菌剤が入っていたとしたら、生まれた時から長期に渡って使用するということになります。

ベビー用の石鹸は、無添加製品なので安心なイメージがありますが、無添加という意味は腐らないように抗菌剤で防腐をしているケースが多いです。腐った製品を使用するよりは殺菌し、製品が安定させるための苦肉の策だと感じます。

赤ちゃん用と書いてあるだけで、なぜか人は安心なイメージを持ってしまうものです。

大人も、子供も、男性も、女性も、身体も、頭も、顔も、細分化する必要はなく 全部が同じもので洗えることが正しい洗浄剤なのではないでしょうか?

髪を洗う時に、どちらにしても、顔にも身体にもシャンプーは付きます。

‘‘あなたシャンプーで顔や身体が洗えますか?’’

お孫さんが遊びに来て、お孫さんがお風呂に入った後、お風呂場の床がすべすべして、転びそうになって危なかったそうです。

たぶんトリートメントの影響で床がすべすべしたのでしょうね。転ばないでよかったです。

抗菌剤の問題点は、奥が深いのでまた詳しくブログに書きたいと思っています!

抗菌剤が低濃度であっても、毎日使うものだから、じわりじわりと皮膚の免疫性を低下させています。

皮膚の免疫性が低下すれば、肌荒れの原因につながりますよね。

着ている繊維や洗濯洗剤などでかぶれる場合もあります。合成洗剤や柔軟剤で洗った衣類で肌をこすってしまうと、あせもができやすい場合もあります。

原因のないところに症状は出ないので、日常気にもしていないことに、なんでだろうと?疑問に思ってみることも大切ではないでしょうか?

3-5.石鹸が乾燥肌になるのは、石鹸カスの発生!

洗浄とは、「汚れを落とす」ということですよね。汚れを浮かせて落とすと言えばなんだかわかりますか?

界面活性剤です。中学の家庭科の授業でも界面活性剤は出てきました。

汚れを落とすというのは、性質の異なるもの(水と油)を馴染ませなければ落ちません。水と油が馴染むことで表面張力を弱め、汚れを浮き上がらせて落とします。

界面活性剤はどんな汚れにも効きそうなイメージがあります。特にあぶらの汚れに対しては優秀です。しかし水に対する汚れには効果がないです。

界面活性剤だけですべての汚れを無理に落とそうとすると、界面活性剤の馬力を強くする必要があります。強くすればどうなるかというと、肌に刺激が強いということになります。

界面活性剤というのは天然成分の物もあれば、石油系のものもあります。どんな界面活性剤を使用しているかで肌への影響がぜんぜん違ってきます。

界面活性剤は、やはり天然由来の方が肌に優しいということは言うまでもありません。

それに対して石鹸は、あぶらにも水にも作用するので、両方の汚れを落とすことができます。無理に汚れを剥がそうとはしません。石鹸の方が肌に対しては刺激が少ないです。しかし石鹸には最大な弱点があります。

石鹸は水と油(汚れ)を混ぜたクリームを作ってから汚れを捕えて、外へ流すという構造です。

汚れたクリームの泡なので汚れが残ります。そして汚れたクリームが皮膚を覆います。早く言えば石鹸では清潔になっていない、ということになります。

汚れが落ちていない原因が石鹸カスです。石鹸カスが毛穴を塞いでしまうと代謝異常を招きます。代謝異常は老化や、皮膚疾患の原因になります。

石鹸で白いものを洗うと、どんどん黄ばんできたりしますよね。湯あかも発生します。

石鹸は汚れが落ちにくいということは皆さんご存知だと思います。

石鹸で洗濯や、食器を洗ってみると、使い心地の悪さは体験されているのではないでしょうか?石鹸は優しいからと、使い始めても挫折する人が多いですね。

お風呂の排水管をお掃除して頂いた時、掃除をしてくださった方が、石鹸カスの汚れが溜まってしまうから定期的にお掃除したほうが良い、と教えてくれました。

排水管は石鹸カスの汚れがひどいそうです。妙に私の考えとマッチしました。

少し難しい石鹸構造のお話しは続きます。踏ん張って読んでくださいね!(笑)

3-6.石鹸で洗うと水になじまない髪質になる

石鹸で洗うと肌が疎水性になります。これをエステルと呼びます。また難しい名前が出てきてしまいました。

お裁縫で使う待ち針を思い出してください。針の部分が身体から出るあぶらで、頭の部分が石鹸でできたシートだと思ってください。

皮膚に水を弾くシートができてしまったのです。それをエステルの「肌」、「髪」と呼びます。

100%の石鹸で、洗えば洗うほど頑固に水を弾くシートは髪についていきます。どんどん水になじまない肌や髪になっていきます。

水を弾く性質の肌や髪になってしまうと、せっせと栄養クリームを塗っても、せっせとトリートメントを塗っても、「浸透していかない」ということになります。

浸透しないのであれば、美容の良い技術効果を下げてしまいます。

そしてこの時、活性酸素が発生する場合があります。活性酸素というのは老化を速める物質です。石鹸で活性酸素が発生すると老化促進??は辛すぎますね。

石鹸は泡がたちますよね、なんで泡がたつのでしょう?というお話しに進みます。

3-7.石鹸は泡が立たなければ、汚れは落ちない!

石鹸は泡が立たなければ汚れは落ちないです。界面活性剤のおかげで泡がたちます。この話を始めると長くなるので、またの機会でお話しさせて頂きます。

「石鹸の問題点」というテーマに沿って知って頂きたい言葉が「キレ―ト剤」です。

キレート剤とは、日本語に翻訳すると「金属イオン封鎖剤」といいます。文字通り金属イオンを封鎖するものです。

慣れない言葉かもしれませんが、洗濯洗剤や、食器洗い洗剤の裏の成分表示でちょくちょく見かけますよ。海外ブランドの洗剤に多いかもしれません。

キレート剤というのは、地域によって水の中の水質は違います。カルシウム、マグネシウム、ナトリウムが高濃度で溶け込んでいる水質の地域があります。

水質が違うということは、泡が立たちにくい地域があるということです。

泡が立たないと汚れが落ちません。なのでどこの地域、どこの国で使用しても泡が安定して立つように、薬を配合する場合があります。

それがキレート剤です。キレート剤の原料を何を使用しているのかで、石鹸の安全性は大きな違いが出てきます。

もし肌にあまりよろしくないものが配合している場合、肌が乾燥し肌トラブルの原因になります。

なんだか不安を煽るようなお話しになってしまいましたが、おのおのの欠点がわかれば、欠点を長所に変えていくことができますよね。

欠点を長所に変えていくことができた、最も理想的な洗浄剤についてお話しさせて頂きます。

4.肌が乾燥しない洗浄剤がある!

汚れには種類があります。水で落ちる汚れもあれば、水では落ちない汚れもあります。

汚れにはいろいろな種類があることを知ってくださいね。汚れをきちんと分けて汚れを目的別に洗うことが理想的です。

極端な例ですが、お風呂のカビ取りには石鹸でごしごし洗っても落ちませんよね。トイレの汚れと食器の汚れは違います。知らず知らずに、ちゃんと用途別に洗剤を使い分けていますよね。

だから体も同じです。汚れには種類があるから、種類別に汚れを落としましょう、ということです。

体から出る汚れを大きく3つに分けます。この3つの汚れを落とす方法をお話しさせて頂きます。

4-1.石鹸の目的はきちんと洗う!3つの汚れをスッキリ清潔にする方法

体から出る3つの汚れを、完璧にきれいにすることが清潔になったと初めて言えます。

その3つとは

1.皮脂の酸化の汚れ

あぶらの汚れを取るには界面活性剤が必要です。

あぶらの汚れを一番よく落とせるものが界面活性剤です。よく界面活性剤は全て悪だ!という人がいますが、面活性剤がなければあぶらの汚れは落ちません。界面活性剤がどのようなものを使っているのか?が重要です。

肌に安心な界面性剤は天然由来のものであれば刺激が少ないです。私は天然由来から抽出したヤシ油系の界面活性剤をおすすめします!

2.老廃物の汚れ

老廃物の汚れは石鹸が一番よく落とせます

石鹸がないと落ちない汚れもあるので石鹸を微量に配合します。石鹸の構造上、石鹸カスができるのは不可抗力です。できてしまった石鹸カスはヤシ油系の界面活性剤で、封じこめ肌に石鹸カスが残らないように洗い流すことができます。石鹸カスは残しません。

3.垢の除去

アカをきれいに落とすには酵素で分解です。

酵素は最も安全に老化角質の汚れを落とす理想的な洗浄剤です。酵素を使えば 洗うだけではなく肌はどんどん綺麗になりますよ。

この三つを組み合わせることにより、洗浄力があり、肌に刺激がない理想的な洗浄剤が生まれます。これだけ完璧に汚れを落とすことができたら、次は洗った良い状態をキープさせることが最も重要です。

清潔に洗った後、4時間までは体から出た油は体にとって有効利用できますが、残念なことに4時間を境目にどんどん酸化していきます。

実は、この脂の酸化を防ぐことが最も重要なことで、酸化を止める努力こそ多くの皮膚のトラブルの改善策になります

老廃物を酸化させない方法をお話しさせて頂きます。

4-2..清潔とは?皮膚の酸化を防ぐこととその方法

清潔に洗うことができたら、あぶらであぶらの酸化を制すことをおすすめします。酸化をさせないあぶらがあるのはご存知ですか?

酸化を予防できるあぶらは、スクワランオイル、オリーブ油、コメ胚芽油などです。

なぜ,あぶらなのに酸化しないのかというと、そのあぶらに酸素を含んでいないからです。(炭化水素)

酸素がないあぶらだから、酸化しにくいです。簡単明瞭な理由です!

あぶらであぶらの酸化を防げるなんてほとんどの人が気がついていないかもしれませんが ぜひ酸化を止める努力をしてくださいね!日本古来の柿渋や緑茶エキスもすごく良いですよ!抗酸化作用、一押しです!

お話ししてきたことを組み合わすことで、お肌管理は、ばっちりです。

お肌の弱い方や理想的な石鹸を使いたいという方は、ぜひ今回の石鹸の問題点をお読み頂いて、参考にしていただければ大変うれしく思います。

まとめ

 

では今回のまとめをしておきましょう。

石鹸は今ある中では安全な洗浄剤です。石鹸自体は毒性や刺激性が少ないです。環境を汚染することも少ないと思います。

しかし、石鹸によるトラブルが全くないとは言い切れません。

例えば、石鹸で洗うと肌が乾燥してしまう人もいます。肌がデリケートな人は石鹸を一時止めてみるのも一つの方法です。

しかし身体からは絶えず老廃物がでます。何か良い方法で老廃物を除去しなければ、また違うトラブル(細菌感染症)の引き金になります。

石鹸は作る工程で水酸化ナトリウムを使用することが多いです。水酸化ナトリウムは強アルカリ性です。なので皮膚は乾燥しやすいということは言うまでもありません。

石鹸の弱点は、石鹸カスが発生することです。石鹸カスが発生すると毛穴を詰まらせるので、皮膚トラブルの原因にもつながる可能性があります。

石鹸作りは女性の楽しみでもあります。何をするのも個人の自由です。もしもお子様と石鹸作りを楽しまれるのであれば、作る際は、きちんと防備をしてからはじめたほうがよいですね。

石鹸成分はカンジタ菌が大好きです。あせもやおむつかぶれの原因は、ひょっとしたら石鹸かもしれません。

カンジタ菌の繁殖を恐れ、抗菌剤を配合する場合があります。

抗菌剤の長期使用は、皮膚免疫を落とす原因につながる可能性があります。また抗菌剤は耐性化されるので、薬が効かなくなる場合もあることを、頭の隅っこに置いておくと良いかもしれません。

石鹸の欠点を一つずつ拾い、その欠点を長所に変えることで、皮膚にとって理想的な洗浄剤が生まれます。

理想的な洗浄剤でしっかり汚れを落とし、そしてあぶらの酸化をさせないように心がければ、いつまでも健康的な皮膚を手に入れることができます。

もちろん今やられている方法で問題がない方はご自分の方法をお続けください。

皮膚が過敏な方で石鹸が使えなくて困られている方や、石鹸選びをされている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Pocket

The following two tabs change content below.
遠藤 由美

遠藤 由美

名前:遠藤由美。プロスパー理学美容院オーナー。横浜市泉区和泉町にて、「毒性のある化学薬品を一切使わない」美容院をオープン。「あの頃の自分に戻れる」をコンセプトに、薄毛、白髪、縮毛、損傷毛に悩んでいる方を、自然本来の美しい状態に、劇的に美しく改善している。Facebookページやホームページで、そのビフォー・アフターを見るだけでも、プロスパー理学美容院の凄さがわかる。