ローディング中

ぺったり感がなくなりちょっと出かける時はドライヤーでさっとなでるくらいでまとまるようになりました(M様 50代女性)

年齢とともに髪の抜け毛、バサつき、一本一本が細くなりどんな手入れをしてもその時だけで、汚らしく見えない様に気を使っていたつもりでした。
髪のコシもなくなり、夏には猫っ毛の私は、汗で頭にへばりつくのが嫌でした。
夏にはパーマをかけ頭皮から少しでも髪を浮かせる様にしたり、染める回数も増え、酸性パーマ、ヘナ染めなどに、時間もかけ、それなりにお金をかけたつもりでした。
それでも変化はあまり感じずあきらめ、そのうちウイッグが必要かな?など思ったりもして。
世の中自然食品、化粧品が出回る中「酵素という」文字をたどり、Netで調べておりました。
良きも悪しきも情報化の中でどれが今、私が求めているのか?を考えつつ…

それから半年たち「理学美容」という言葉に惹かれて「プロスパー美容院」さんの戸を開けたのが昨年です。
長い長い説明を受け、半分、仕事明けの私は意識を失うほど睡魔に襲われつつもパーマからはじまったわけです。
幾度となく施行されるシャンプー、洗う手に髪が絡んでいる様で、キシキシ云うし、たっぷり3時間はかかったみたいです。
リンスして、案の定 髪のブラシの通りはひっかかるばかり。

「大丈夫かな?…」とも思いました。

とりあえず、先生の手でつややかな仕上がりでなんとなく安心。でも今までのパーマ感は全くない。本当にいいのかな?と髪がツルツルしているけれどウエーブは見られず。
ここまで来たら頑張ろうと…走り出したからには納得するまで突き進むしかないつもりで、シャンプー、リンスなどを購入しました。
自宅に帰り(たっぷり5~6時間は美容院に居たかも)「パーマしてきた!!と」家族に伝えたら「えっ?」の一言。不評の嵐でした。(正直)

それからは、ちょっとそれなりに時間を費やした私は、自宅にある今まで持っていたヘアケア品全て捨て(人にあげました)説明を受けたままの洗髪となったわけです。
とにかく一本は使い切ろうと。だけど洗い上がりのさっぱり感はありますが、ゴアゴア、キシキシは続くばかり。
本来白髪が気になっているのが一番の優先順位だったのに。「シリコン除去云々をしないとパーマがかからない。色が入らない」との説明。
白髪が目立ち仕事に行くのも憂鬱になった程。頑張って2週間…限界。すぐプロスパーさんに電話し、染毛をお願いしました。
「針金のような固さはだんだんなくなります。粘りのある髪になるから…」と言われ、半信半疑の私はクリーム等を購入し続けています。

2か月くらいしてから髪がまだ、パサついていますが立ち上がった感じです。ぺったり感がなくなりちょっと出かける時はドライヤーでさっとなでるくらいでまとまるようになりました。
「う~ん3か月弱でシャンプーがなくなり髪に櫛の通りも良くなった様な…」
一か月ごとのパーマと染め(草木染め)の繰り返しで今に至っていますが。
白髪は確かにたっぷりあるのですが、他人様はあまりわからないと、むしろ「髪増えた?」など失礼な事をいう友人もいるんです。
っていうか「印象が変わったよ!!」というので「酵素パーマ」のことをちらほら私に聞いてくる人もいるので、上手くは説明できなくとも、今の私の髪を見て事実を見極めてくれる人には伝えています。
まだまだ新米の薄毛の私ですが、月日をかけて頑張って「プロスパー」の先生を信じていきたいと思っています。


-プロスパー美容院からK.M様へ
率直なご意見ありがとうございます。
理学美容を始められる方に多い典型的なケースです。
おしゃれをしてきたほどリセットに時間を要します。初めて6か月ということで最もつらい時期です。今までのことが正しいのであれば髪は絶対にきしむことはないです。
同じ時代に生きているのに髪がきしむ人ときしまない人に分かれています。不思議なことが起きています。

はじめてご来店してすぐにパーマをかけられないのはこのコメント通りです。

めったなことがない限り初めてのご来店では、今までしてきたことの確認からはじめていくものなのですが、説明してもなぜパーマをかけられないのか理由が伝わりにくい時は今の自分の髪の状況がどうなのかを体験して頂くためにも、パーマをかけながら説明していく場合があります。
今までの考え方を一度ゼロにしなければならないのではじめのうちは説明が長くなることをお許しください。

外野は見た目だけのことしか言いません。美容のことはわかりません。外野がいろんなことを言ってくるので心が折れそうになる人もたくさんいらっしゃいます。
施術しているのは私ですから悪化している髪を見つめていると、お客様以上に心が折れそうになります。

外野の耳に貸さず、ただひたすら改善していくしか方法はないのです。
外野は無責任で言いたいことを言いますが髪をなおしてくれるわけではありません。今の状況を頑張って乗り越えて下さい。
同じような辛い時期を通過している人は大勢いらっしゃいます。

断薬による禁断症状を乗り越えた人は必ず良い結果が出ています。
判断するのは外野の言葉ではなく自分自身ですね。まだ理学美容のことをご存知ない方に向けてわかりやすいコメントでした。ありがとうございます。

弊社へのお問合せは
お電話または専用フォームから
お問い合わせ
RETURN TOP